タグ別アーカイブ: 鈴蘭高原

どこでも押すよ! – JNCC鈴蘭戦①


諸事情で、1ヶ月遅れになったJNCC鈴蘭戦。
おかげで梅雨入りし、当日の天候も相当怪しい感じ。

バイクを積み込もうとした土曜朝も前日からの雨が残って、
天気予報も微妙なとこ。

これは間違いなく当日は雨だなぁ、ってことで、
ひさしぶりにのんびり週末♪

と思っていたけど、

1

下道飛ばして、夜9時過ぎには鈴蘭へ(^^;
レスラーHUさんが3時間クラスに出るので
せっかくだからと、とある方が骨折したいきさつなど、
つもる話を肴に夜を明かします。

2

一夜開けても、前日夜の台風並み豪雨の影響で
路面はドロドロ。

3

霧の合間から晴れ間が覗きますが、
今日のレースはちょっとやばそう。

早速、受付に行き、車検を受けて帰ってきたら、

5

既にドロドロ状態(^^

ところで、

4

HUさんのバイクは、SUZUKIのRMZ250。
今回はCOMPのBクラスに出場。
この日のために、ピストン&リング、
前後ホイールのリム、スポーク全張り替えで、
レースに使うのがもったいないくらいのピッカピカ。

奇麗なバイクにびっくりにしましたが、
もっとびっくりしたのが顔の広いこと。

静岡西部地域では有名なレーサーのピットを廻る後に
ついていって、いろいろお話させてもらいました。

昨夜はよく寝たし、準備運動も万端!

20

HUさんファミリーにいってくるよ♪と、

21

さっそくスタート位置へ。
この頃になると、空は晴れて、気温もぐんぐん上がって、やる気も、
というわけにはいかず、いまいち乗り切れないまま、

22

スタート!!
ウッドチップドロドロコーナーは嫌いなのでエスケープゾーンへ。

23

雄大な景色を眺めながら走れるのは、
元スキー場コースならでは。
でも、レース中はそんな余裕はないですけどね。

順調に走れるかなと思っていましたが、

24

そんなに甘くはないですね、ってことで、
みなさん嵌ってるとこで、自分も嵌ります(^^;

SLなら余裕で登れる坂も、

25

CR85Rだと、てんでダメ。
隣りはSLじゃないけど、蒸気吹いてます。
レースで二回使ったタイヤ、IRCのIX-09Wは
ほんとグリップしません(X_X)

あがいても無駄なので、潔く押して登りますが、

26

下りでも行き倒れの方多数。
晴れて路面は乾いてきますが、走れば掘れてくるので、
結局全然乾きませんね。
タイヤは今更替えれないので、リアのエア圧を0.3近くまで
落としました。

27

梅雨の合間の五月晴れで、気持ちいいとこなんですが、

28

登れないんすよ!
この方は同じミニモトでも4stなんで、まだいい方です。

ここも押して登りますが、

29

下りは下りでフロントズルズル滑りまくり。
で、ちょっと油断しちゃって、

30

接触事故です(^^;
よく考えたら、まともな?転倒はこれぐらいだった気が。

下りは最後までいかずに、途中で踵を返して、

31

また登り。ここも途中で力尽きて、最後は押しました。
このあいだの爺ヶ岳は押す事さえ出来なかったので、
すこしは進歩したのかな?

1周走ってみて、絶対登れないところがあったので、
なんかもう、走りたくなくなっちゃっいましたね(^^;
レースでこんな気分になるのは初めてです。

とりあえず2周目に入りますが、

32

同じようなところで停まってしまう、ミニモトさんの、

33

ヘルプするぐらい、テンションがた落ち。。。

34

スタート地点近くで応援してくれていたHUさんに、

”もう終りですよね?”

って、聞く始末。

35

1周約30分、たった3周してレースは終了。。。
達成感も疲労感もないチェッカーフラッグも初めて。。。

6

ピットに戻って、ガソリン抜いたら、3L近くも残ってた(満タンで5Lちょい)。
燃費良過ぎ♪って、喜んでる場合じゃないよね。
ピットインするかも?って、ピットで待ってくれてたHUさんには
ほんと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

ま、終わったことはすっきり忘れて、

7

HUさんの3時間クラスの応援です!

8

トップクラスのスタート前。
みなさんエンジンを切ってのスタートなので、遠くで鳴く
蝉の声だけが聞こえる、一瞬の静寂。
さぁ、地獄?の3時間のスタートです!!

HUさんの奮闘は次回へ。。。

【レース速報】やっぱり道具が大事?


鈴蘭高原に行ってきました♪

1

とりあえず、

3

完走して、目標達成ですが、

2

どうしても登れない坂が二カ所ありました。

いろんな方とお話して、
いろいろ考えさせられた一戦でした。。。(T_T)

本編へ続く。。。

ワクワク、ドキドキ!! SL230初レース参戦記 – 怒濤のトラブル最終編


SL230での初エンデューロレース。

1周目28位。
2周目26位と、かなり大健闘したものの、
全身全霊、疲労がピークに達し、
3周目序盤で立て続けに転倒。。。

1

自分一人で起こせなかったので、
ギャラリーの方に手伝ってもらいました。
*ありがとうございました!

転倒の間のほんのひと時の休息で、
体力がすこしは持ち直したのですが、
下りのキャンバーコーナーで、

1-2

無念の転倒。

フラフラになりながら、SL230を起こして、

1-3

さぁ、行くぞー!

と思いきや、

あれ?

クラッチレバーがない???

転倒の際に打ち所?がわるく、
クラッチレバーが折れてしまいました。。。

1-4

どうしよう?

というよりも、とにかく疲れて放心状態で、

1-5

他のライダーが通過していくのを
暫し呆然と眺めていました(^^;

すこし冷静になったところで、

クラッチレスで行きまいか!(遠州弁)

1-6

ギアを1速にいれたまま、
スターターを廻して勢いで再スタート!

とにかく、このままで終わるのは嫌だ!!

という気持ちで、

1-7

クラッチレスで本部前まで戻ってきました。

で、3周目の順位は、

1-8

51位。。。

あれだけ転倒して、休憩?していれば
しょうがない順位です。

スターティンググリッドを過ぎて、

1-9

さぁ、仕切り直しの4周目です!

疲労のピークはとっくに過ぎていますが、

1-10

人間、やれば出来るものです。
前を走っていた、YZ?WR?をコーナーで抜きかえし、

1-12

またも転倒。。。
さっきと同じパターン。

立ち上がって走りだしても、

1-13

また直ぐ転倒。。。

起き上がって、

2

再スタートしようとスターターを廻すと、

キュルキュル、、、キュ、、、ル、、、、

あぁ!!万事休す!!

バッテリーが上がってしまいました。。。

何回も転倒して、ギアを入れたままセルを
回したので、上がってしまうのも当然です。

それに、
SL230を購入した際に新品にしてもらった
バッテリー。
そろそろ寿命かも、と思っていたので、

4

レース続行はもう無理だと思い、
近くにいたオフィシャルの指示に従い、
バイクを降りてコースを下ります。

5

初レースでこの終わり方ってありかよぉ〜。

と、嘆きつつ、

6

マディ登りで頑張っている他のライダーを
ぼんやり眺めて、レースが終わるのを待つことに。

ん?

待てよ?

時間置いたら、バッテリー持ち直すんじゃない?

ってことで、

7

私と同じように辛いながらも頑張って走っている
他のライダーに感化されて、私も、

never give up!!

8

蘇ったバッテリーで再スタートが出来たものの、
今度はシフトが2速に入らない。。。

シフトペダルが曲がってしまったか。。。

クラッチレス、1速固定。

そんな状況でも、SL230と供に最後まで走り終えたい。

10

抜かれたっていいんです!

13

転んでも、

14

転んでも、

ゴールまで辿り着きたい一心で、
再び走りだします。

下りで半クラッチが使えないので、

15

今までクリア出来ていた
このプチヒルクライムも、

16

頂上手前で失速、転倒。。。

17

ここでも親切な方にひっぱりあげてもらって、
なんとかコース復帰。
*ありがとうございます!!

でも、

18

もうヘロヘロ、バテバテなんで、
転びまくりです。

後ろのライダーさんに、

”大丈夫!行ける、行ける!!”と、

もう疲れて動けないと思っていた体に
喝を入れてもらっても、

19

SL230を起こすだけで精一杯。。。はふぅ。。。

いろんな方に励まして、助けられながら、

22

ついにチェッカーフラッグ!!

ゲートの後ろには、

23

暖かい拍手ロードが。。。
でも、腕に力が入らず片手運転が出来ません。。。

自分のパドックに戻り、

24

隣りのパドックの方とお互いの健闘、苦闘?を
労い合って、SL230での初エンデューロレースが
終わりました。

ゴールした時点で自分の順位が分からなかったので、
トランスポンダーを受け付けに返却して、
「出走証明書」を貰います。

1

結果は、78位/103台。。。

出走証明書には、ラップタイムと順位の変動の
グラフもあり、3周目から右肩下がりに
なっているのが一目瞭然。。。

自分が出たクラスのあとに行われた、

25

ワークス体制のトップライダーの
走りに魅了され、帰路に着くころ、
空からぽつぽつと雨が振ってきた。

とにかく疲れた、SL230での
初エンデューロレースでした。

次は?

もうすこし体を鍛え直してから、
考えます(^^;