タグ別アーカイブ: 長野

初秋の奥三河・南信濃林道ツーリング


週末の天気予報が良い意味で外れた。

土曜。
暇つぶしに天竜川の河川敷に、
モトクロスの練習を見に行った。

すっげー楽しそう♪

練習風景を見て感化されてしまい、
日曜の予定を取りやめて林道探索へ。

以前、温泉ツーリングに行った際
入り口だけでやめておいた、愛知・東栄町
の林道が気になっていたので、まずは
三遠南信自動車道を使って、東栄町に向かう。
*「浜松いなさIC」⇔「鳳来峡」間は
現在無料区間。

しかし残念なことに今回のリアタイヤは、GP-210。

急遽予定を変更したので、AC10に
履き替える時間がなかった。

なので、
タイトルは”林道探索”ではなく”ツーリング”。

しかし、実際はいつもと変わらぬ探索に
なってしまったのだが・・・。

さてさて、コンビニで朝食と昼食を買い、
さっそく、林道入り口へ。

「林道 小田沢登線」
なんだがワクワクする林道名。

朝食食べて、
空気圧を下げたら、探索開始♪

って、いきなりガレてるじゃない!?

おいおい!!

うぅ、これは・・・。

GP-210でなんとかクリアしたその先は、

路肩崩落で通行不可。

嫌な流れを断ち切るために、
次にむかった、

「林道 小田支線」は残念ながら全線舗装済み。

合流した「林道 名倉線」も舗装林道。
リアタイヤがAC10だったら、気をもみますが、
今日はGP-210なので、気分も楽。

頼み綱?の、

「林道 下モ山線」は、
*なんて読むのかな?

舗装路があるものの、ご覧のような極楽フラットダート!

合流する「作業路 小岩嶽線」を途中まで行って戻り、

愛知県道504号へ。

そして、今日の目玉の「林道 豊富線」へ向かうため、
新豊富ダムへ。

県道なのに、まったく対向車がいないって、
どういうこと?

と思っていたら、ダム横のトンネルが通行止め。。。

仕方なく、愛知県道428と429号の分岐に戻ってみたら、
通行止めの電光掲示板があるじゃない!

どうしようかとグーグルアースを眺めて、
支線から豊富線の本線へ行くことに。

ここから登ります。

「林道 豊富線支線5号」
勾配があるものの、路面はフラット。

そのまま登って、

「林道 豊富線」へ合流。

途中の支線は草がボーボーなのでやめて、

新野峠手前から分かれている、
「林道 虫川新野峠線」へ入ります。

あれ?林道名が消えちゃってますね。

この林道も一部舗装されてたものの、
こんな感じのフラットダート。

ちょー気持ちいい、峠付近。

途中から舗装されてますが、景色が素敵。

「林道 虫川新野峠線」の終点。
けっこう長かった。

気持ちよく林道を走ったけど、
「おきよめの湯」で今日の締めにするつもりが、
ダートに引き寄せられて、全然違う方向に来てしまった。

仕方がないので、県道1号経由で浜松に戻ることに。

途中、林道発見。

「林道 手澤線」

行く?

もちろん行きます!

うぐぐ。。。行けませんでした。。。

*この林道は双方向から開設中で、
近い将来完抜するかも??
※ネットで調べたら、完成予定は平成36年!!でした。。。

道中、とみやま村の道の駅もどきで休憩し、
三遠南信自動車道を使って無事帰宅。

けっこう山奥に行ったけど、雨に降られることなく、
なかなか楽しめたプチ林道ツーリング。

奥三河、南信濃。
これからも目が離せませんね。

長野県・伊那周辺林道キャンプツーリング 〜 プロローグ


『今年は残暑が厳しい』

なんていうフレーズは、
毎年どこかしらから聞くような気がする。

海外から帰ってきた2010年の夏も、
9月に入って30℃を超える日が連続していた。

そんな中、不動車だったSRX400を治して、
北陸へキャンプツーリングに出かけたっけ。

あの時は本当に暑かった。

そんなことをふと思いだしていたら、
真夏のキャンプをまたしたくなった。

キャンプ場は去年行って、居心地がよかった
鹿嶺高原キャンプ場に即決めた。

で、ただキャンプしに行くだけではつまらないので、
周辺の林道を走ってみることにした。

ネットで調べると、この界隈には
林道がたくさんあるらしい。
それも長距離でフラットダート♪
楽しみ。。。

そんな胸の高まりを抑えて、
ツーリング当日の朝を迎えた。

前日に荷造りを終えて、
早朝の6時前に浜松を出発し、
R152号を北上する。

土曜の朝、道路はガラガラで、
気持ちよく走って、R152の「草木トンネル」付近に到着。

いやー、雲一つない快晴。
これで気温が低かったら最高なんですが。

その後も順調に飛ばして、大鹿村役場に到着。

役場横のトイレが無料で使えて、
尚かつ超奇麗(水洗&ウォシュレット)なので、
トイレ休憩に寄りました。

で、早速恒例?のトラブル発覚。

ホーンのステーが折れちゃいました。

気にせず、カプラーを外して、
ホーンをヒップバックに入れて出発です(笑)

分杭峠手前でダート発見。

「林道 高萱線」

事前に分杭峠辺りに抜けていることを地図で確認
していたのですが、しっかりゲート封鎖。残念。

ならば、抜けている分杭峠付近から進入してみましょう。

「林道 長谷高遠線」

ん?さきほどのゲートにあった林道名と違いますね。

入り口はカラーコーンでバリケード。
脇が甘かったのでちょっと失礼します。

それにしても、これが初、長野県の林道走行。
いったいどういう感じなんでしょう。

戦々恐々といった面持ちでいざ!!

と、すこし気負い過ぎましたが、実際は、

ものすごく奇麗に手入れがされている、
快適フラット路面。
でも浮き砂利が多くて走りにくい。。。

リアタイヤがGP-210っていうのもあるけど、
いかんせん、リアにキャンプ道具満載なので、
重量バランスが最悪。

そんなことより、

景色が最高!!

途中、工事中で引き返しましたが、
この景色を見れてただけでもシメタもんです。

他の林道との分岐がありましたが、

荷物満載+GP-210では、
何かあったらリカバリー出来ないので、今回はパス。
※後で調べたら、里まで抜けているようです。

R152号に戻り、今夜の宿泊地へ。

今日は、早めにテントを設営して、
周辺の林道を走り廻る?予定。

昨年以来の「鹿嶺高原」にお昼頃に到着し、

早速テントを設営して、

林道探索に向かいます。
さてどうなることやら・・・。

次回に続く。