タグ別アーカイブ: 龍山

奥三河・遠州林道ラリー – 開催のご案内


ルート確定、

title20150801-2

最終案内です! 奥三河・遠州林道ラリー – 開催のご案内 の続きを読む

広告

龍山探索・新設林道のその後


今日は、
2年前ぐらいに、その当時開設真っ最中だった林道の
その後の状況を確認しにいきました。
その前にちょっと寄り道♪ 龍山探索・新設林道のその後 の続きを読む

天竜探索・ピストン林道を繋ごう!


今日はひさしぶりに天竜へ。
林道探索間もない頃、
工事中だったところ、途中で引き返したところなどを
確認がてら、ソロで探索。

早速、光明山付近の探索。

1

2

魅力的なシングルトラックがありましたが、
民家近くのため、断念。

4

次は花桃の里裏へ。

5

支線の終点から、

6

150mほど、この尾根づたいに進めば、

7

以前、TTRさんと探索した箇所と

28

繋がることが分かりました。

これで花桃の里から県道285号に抜けれるルートが出来た。
しかしそれは、限られた者のみが
走ることが出来るルートである。

県道285号への接続箇所から、

8

さらに、「林道 千草松間線」を進む。

9

道祖神に一礼し、その先の、

10

光明山林道へ接続するポイントへ到着。
が、2年前に来たときより、木々の背丈が高く
これ以上進めない。。。
寂しいが、このルートはもうだめだろう。

11

12

林道 千草松間線」と「光明山佐久線
両方の起点があるY字路。

13

「光明山佐久線」は2年前と変わらず工事中だったが、
ことしの夏迄には、光明山林道と接続する可能性が非常に高そう。
そうなると林道ルーティングのバリエーションが
また更に増えそうだ。

花桃の里周辺の探索はこれぐらいにして、

14

林道 伝田石線」から、龍山方面の探索に移る。

快調に走っていくと、

15

重大事故発生!?
しかしよく観察したら、時間がかなり経過している感じで、
ナンバーも外されていた。
このまま放置されるのだろうか?

16

2年ぶり?の白山神社前でランチタイム。
それにしても、今日も良い天気です。

18

この場所も2年ぶり。

川底と路面がツライチになってますが、
以前は、

19<

こんな感じでした。
2年の間に何があったのだろうか。。。

20

小さい鮎?がたくさん泳いでました。
近くに広場もあるし、夏にここでキャンプってのも
いいかもしれない。

林道 椎ヶ沢林道支線」入り口付近から
隣りの「尾曲線」へ抜けれるルートがありそうだったので、
それらしい、

29

所を抜けていくと、

22

開けた場所に辿りついた。
こういう探索は達成感があって嬉しい。

そこから下って、

23

「尾曲線」に接続完了!!

これでまた一つ、林道と林道が繋がった。
しかし、それは限られた者のみが
走ることができるルートである。

24

船明ダム湖を見下ろせる茶畑では、
茶摘みが最盛期だった。

「尾曲線」はまだ工事を行っていて、完抜できるには、
もうすこし時間がかかりそうだ。
なので、別ルートに行ってみた。

25

途中、倒木に遮られながらも、

26

R152号沿いから伸びるダートに接続完了!!
2年前にはなかったこのルート。
これで、R152号から尾曲線(東西)→椎ヶ沢林道支線→瀬尻林道→橿山線と
繋げて走ることが出来る。

これでまた一つ、林道ルートが完成した。
しかし、それは限られた者のみが
走ることができるルートである。

27

今日の収穫に満足し、
いつもよりちょっと早めに帰路についた。

*某ショップっぽいフレーズを随所に入れてみました(^^;

天竜SP林道周辺 – 未完の完抜林道・天竜名古尾線1


ご無沙汰していた、
天竜スーパー林道周辺の林道レポート。

前回レポートした、「林道 ヒゲン谷線
の起点から、鋪装林道「上千代線」を登り、
いったん天竜スーパー林道に合流します。

1

合流後、途中、景色が良いところを寄りながら、

2

しばらく北上していくと、
左手に分岐があります。

3

4

「林道 天竜名古尾線」

非常にさりなげない分岐なので、
見落としてしまいそうになりました。
※本記事は、
2012年10月末の探索時の情報を元にしています。

分岐から進んで、

13

なかなかの景色のコンクリ鋪装をしばらく走ると、

14

お目当てのダートがお目見え。

15

奇麗なツイントラック、下り勾配緩やか、
そしてフラットダート。
これはもしかして大当たり?

と喜ぶのも束の間、

16

次第に路面が荒れてきて、

17

ダートからまたコンクリ鋪装へ。

ゆっくり下っていくと、

18

またダートに変わります。

19

ほぼフラットなダートを快調に進んでいくと、

20

またまたコンクリ鋪装へ。。。
う〜ん、いまいち乗り切れません。

舗装路といえど、

21

荒れ気味で、法面の崩落もちらほら。
コンクリ鋪装はなおも続き、

22

右へ左へのヘアピンカーブを過ぎて、

23

路面は再びダートへ。

ここから、

24

非常にアヤシくなっていきます。

季節外れのススキ攻撃をかわして進んでいくと、

25

急に道が開ける箇所に。

よく見たら、
中電の鉄塔巡視路が中央から上に続いています。
本線は右の、更にアヤシい路。

ゆっくりと進んでいくと、

26

もしや。。。

27

行き止まりで、先には進めませんでした。
あぁ残念。

しかし、この「天竜名古尾線
今回探索した、
天竜スーパー林道から開設している下りルートとは別に、
里側から、登りルートも開設中。

ということで、
次回は、一旦里まで降りて、
そこからの登りルートの模様をレポートします。

今回もお疲れさまでした。

<< Kawasaki KMX125&Honda SL230 >>
昨日のクラッチ滑りの症状を再確認するために、

28

ちゃんとした、ギアオイルを入れることに。
※隣りはデッドストック品で激安だったバッテリー。

でも、やっぱりだめでした。。。

SL230の方も、

30

こんなところで遊んでしまい、
※乗っているのは私ではなく、いつもお世話になっている、
”スガッチ”さん。華麗ですねぇ〜。

29

ウィンカー破損。。。

楽しいことをすると、
その分いろんなところが壊れてきますね。