タグ別アーカイブ: Kawasaki KLE500

長野・下諏訪温泉ツーリング 〜 1日目②


温泉ツーリング、一日目のパート2。

さて、中央道岡谷ICを降りて、

9

急勾配、ツヅラ折れの山道を登って、
たどり着いた先は、

10

毒沢温泉 神の湯

この面構え。
お湯に入る前から、期待で身震いしてしまいそう。

それもそのはず、ここは、
武田信玄の隠し湯と言われる、秘湯中の秘湯。

パニアケースからタオルを
取り出している間にも、
続々と車が駐車場に入ってくる。

風情ある玄関を入ると、

11-0

これまた、たまらない雰囲気の受付けで、
入湯料700円を支払い、そそくさと浴場に向かう。

11

その途中の廊下もまたいい雰囲気。

脱衣場に入ると、既に何人かが入浴中。
残念ながらここから先は撮影自粛。

衣服をすべて脱ぎ去り、あられもない姿になって、
いざ”神の湯”へ!!

湯船に通じるガラス扉を開けると、
そこには、湯船一面錆色のお湯が!!

温泉と言えば、白濁や錆色のにごり系のお湯の方が
なにか、秘められたパワーがあるに間違いない!と
思ってしまうのは私だけだろうか?

さて肝心のお風呂は、
露天風呂は無く、
内風呂(6、7人が限度)とその横に小さい、
源泉風呂(とっても冷たい!)、
そして飲用源泉があるのみ。

源泉は2℃で、加温して循環しているのが
惜しいところだが、飲用源泉を一口飲むと、
その苦さ、不味さから、
やはりただものではないお湯であることは
間違いなさそう。

内風呂の温度はそんなに高くなく、
浸っていても、あまり肌にガツンとこない。

冷源泉風呂と交互に入ってみるが、
印象はあまり変わらず、
ほどほどの時間で退散。。。

う〜ん、おかしいなぁ。

なんとなく、もどかしい気持ちのまま、
神の湯をあとにして、

12

諏訪大社、そして、

13

諏訪湖をぐるーと廻って、お目当てのおそば屋に
向かうも、本日閉店済みの案内が。。。

失意のもと、次のお目当てのお店へ。

グーグルマップを見ながら、そのお店を見つけて、
バイクを路肩に停めようと思ったら、
何故か転倒。。。(@_@;

15

訳が分からず、意識混濁しながらなんとかバイクを
起こして(重かった!!)、
落ち着いて冷静に原因を考えてみた。

どうも、
左パニアケースが歩道脇に建っている
ガードレールの角(上写真の赤丸部分)に
当たってしまったのが転倒の原因らしい。

SL230のつもりで、ガードレールすれすれの
通り抜けをしてしまい、後ろを走っていた、
Audiの目の前ギリギリで、もんどりうって転倒。。。

渋滞時のすり抜けは自重しなきゃ。。

転倒の原因が分かり、大分落ち着いたところで、
肝心のお店へ。

14

入った先は、下諏訪駅前の「いずみ屋」さん。

が、

”すいません、今日もう終りなんです”

え!?

KLEで初めての転倒までしたにも関わらず、
このまま何も食べずに立ち去れとは。。。

ま、そこはちょっと隠し技を使って、

16

伊那の迷物?「みそ天丼」を注文。

17

天丼のてんつゆの代わりに、味噌が掛かっています。
お味は、まさに”B級グルメ”そのもの。。

食事を摂ったあと、

18

諏訪湖畔で、ちょっとまったりしていたら、
入ったときはなんともなかった
「神の湯」の効力がじわじわ、ぐらぐら。

予定の時間よりちょっと早いが、
いてもたってもいられず、
今夜の宿にチェックインすることに。。。

今回お世話になるところは、

19

双泉の宿 朱白(すはく)

この宿に決めた理由は、
朱色(錆色)と白色(無色透明)の
二種類の源泉のお風呂が楽しめる、
下諏訪随一のお宿だから。

お宿の前に立っていた呼び子?の男性に声をかけ、
駐車場の場所へ案内してもらうと、

20

嬉しいことに、
屋根付き駐車場を確保してくれていた。

バイクを停め、チェックインを済ませ、
仲居さんにお部屋に案内してもらうと、

21

なかなかの大きな部屋。

二種類の温泉に入れて、屋根付きバイク駐車場もあって、
尚かつ朝食がついて、一万円でお釣りがもらえる価格。
嬉しい反面、ちょっと心配。

神の湯のパワーで、眠気に支配される前に、

26

まず温泉へ。

お風呂は最上階にあり、
諏訪湖が見下ろせる露天風呂も併設。

内湯と露天とそれぞれ泉質が異なっていて、
なおかつ、
午前と午後と、男女の露天風呂が入れ替わる。

最上階故に掛け流しではなく、消毒済みの循環式だが、
意外とがんばっていて、お湯の力もそこそこ。

始めに朱色(錆色)の露天風呂に浸かり、
すこし暮れ始めた諏訪湖を見下ろす。

風がちょっと強いが、これはこれで最高。

最後に白色(単純泉)のお湯に浸かって、
上がる頃には、身も心もト〜ロトロ状態。

フラフラになりながら、
なんとか部屋まで辿りつき、
そのままバタンっと、寝てしまった。。。

・・・パート③に続く。。。

長野・下諏訪温泉ツーリング 〜 1日目①


5月初旬 晴れ。
待ちに待った温泉ツーリングの一日目。

ここ最近は、林道探索にどっぷり嵌ってしまい、
温泉はすごく久しぶり。
それに、今回は初めての下諏訪周辺の温泉なので、
余計に楽しみ。

前日の夕方に急いで荷物をパッキングして、
納車したてのKawasaki KLE500でちょっと遅めに
浜松を出発。

1

林道探索の時に、いつも利用している、
JA引佐SSでまずは給油(今回からレギュラーガソリンです)

R257を北上し、三遠南信自動車道を通って、
今度はR151を快調に飛ばして、

2

「道の駅 グリーンポート宮嶋」で小休止。

ツーリングに使用するのが初めての、Kawasaki KLE500。
中排気量で尚かつ低回転重視のトルク設定のため、
R151のつづらおれ路も、グングン登ってくれます。

トップ&サイドのパニアケース+荷物で、
60kgちかくの重りを載せているのを考えても、
500ccでこれだけ走れれば十分だと思います。

R151の激登り区間の、

3

新野峠を越え、

4

すぐそばの「林道 豊富線」の入り口で。

天気も最高。
道もすごく空いていたので、

5

下条村の道の駅までノンストップです。
時間がまだ早いのか、バイクも車もちらほら程度。

ここで、

6

軽く腹ごしらえをして、
三遠南信道→中央道と再び高速に乗るために、

7

内緒のETCを準備して(笑)、
天竜峡ICから、

8

岡谷ICへ。

引佐から新城まで通った、
三遠南信自動車道は一応、高速道路ではないので、
今回がKLE500で初めての高速走行です。

走ってみて、

めちゃくちゃ楽でした。

排気量があって、重量があって、尚かつカウルがあるので
当たり前といえば、当たり前なんですが、
久しぶりに感動しました。

「横風注意」の案内があったので、ちょっと心配だったんですが、
風で挙動が不安定になる場面もほとんどありませんでした。

そういえば、昔乗った、Honda AX-1も同じように、
高速が楽だったなぁ。
KLEと比べて、AX-1の方が軽くて、軽快感があったけど、
排気量と重量が違うのであまり比較にはなりませんね。

ともかく、
やっぱり高速道路は、カウル付きが楽だと、痛感しました。

で、岡谷ICを降りて、向かった先は、

9

さて、どこでしょう?(笑)

・・・次回に続く。

長野・下諏訪温泉ツーリング 〜 準備編


今年のGW。

なんとか4連休をもらったものの、
朝早い業務が続いていたので、
キャンプする体力も余裕も既に皆無。。。

で、暫し考え、

疲れを取るにはやっぱ温泉じゃん!?

ってことで、

温泉宿にゆっくり泊まって、湯治三昧しちゃおう!!”
ツーリング、近々敢行です!

ちなみに今回は、新しく仲間に加わった、
Kawasaki KLE500で。

1

久しぶりの温泉、
それも初めての上諏訪温泉。

いまからとっても楽しみです♪

バイク三昧の休日


世の中では、ゴールデンウィークが始まりましたが、
今年の私にはほとんど関係ありません。。。

なけなしの休日の今日は、
いつものようにバイクいじり。

と、その前に、
とある場所に向かいます。

1

倉庫の中には、

2

ようやく到着した、旅バイク、
Kawasaki KLE500が。

受け取り票にサインをし、早速、

3

ガソリンスタンドへ。

レギュラー仕様なのか、
ハイオク仕様なのかが分からないので、
とりあえず、ハイオク、いっちゃいました(笑)

で、またまた自宅近くの、

4

撮影スポットへ。

いろいろ観察したいのですが、
今日は作業が目白押しなので、
そそくさと自宅へ戻ります。
※KLE500については、また後日詳しくアップします。

まずは、
KMX125のギアオイルの交換です。

酷い状態だったクラッチ内部のフラッシングも兼ねて、

5

安いカインズのオイルに交換。
もちろんオイル処理箱もカインズ。

最近は仕事着もカインズで、
内緒ですが、私、”カインズ教”の信者です。(笑)

KMX125の後は、

6

SL230の分解。

ではなく、草レースに向けての保安部品の取り外しと、
前後タイヤとスプロケットの交換。

最近使っていた、1丁小さいスプロケから、

7

ロングヒルクライムを想定して、純正サイズに戻します。
※左が純正サイズ(13丁)。右が12丁。

12丁のものはDRC製で、純正サイズはサンスター製。

8

それぞれ装着後、約10,000km走行。

それにしても、サンスター製(左)は表面が奇麗ですが、
DRC製の谷部分になにやら奇妙な跡が見えますね。

悪銭苦闘の末になんとか保安部品を取り外し、
フロントのゼッケンプレートを取り付けて、

9

みんな一緒に集合写真♪

それぞれ性格が違う三台ですが、
これからみんな、仲良くやりましょう。