タグ別アーカイブ: kawasaki

天使の囁きか、それとも・・・第伍章


Kawasaki KMX125
プチレストアシリーズ。

夜な夜な、走りだす夢を見ている間に、
発注していた部品が届きました。

15

雨上がりの花粉全開の土曜日。
テッシュ片手に作業に取りかかります。

まずは、
絶えずお漏らしして、
床中びしょびしょだった、

1

ガソリンコックを新品に交換します。

こういう部品の在庫がメーカーにあるっていうのは、
本当に助かります。
ただ、問い合わせ時点でメーカー在庫が2、3ヶでしたので、
次に交換する時はもう無くなってるでしょうね。

例えば、キャブレターのインシュレーター。

2

メーカー在庫2個のうちの1個です!

もったいないので、どうしようも無くなった時まで
大切に保管しておくことにしました(笑)

インシュレーターを確認したついでに、

3

オイルポンプ廻りのホースを引き直しました。

ちなみにオイルポンプからインシュレーターへ
オイルを送るホースの先端に、

4

ワンウェイバルブのような真鍮製の部品がついて
いましたが、劣化したオイルのようなものが中に
詰まっていました。危ない、危ない。

インシュレーターの次は、

5

エアクリーナーの取付けです。

購入時は外の殻だけだったので、
そのままでは怖くてダートは走れません。

6

エアクリーナーの部品は
まだまだメーカー在庫がありそうです。

組み付けはそんなに難しくないので、

7

サクッと完了。
っていうか、変な形ですね(笑)

エアクリーナーを装着して、
前に確認したキャブレターと合わして、
吸気系はなんとか終了。ふぅ〜。

次は前々回に問題が発覚した、フロントブレーキ。

8

フロントのマスターシリンダーと
キャリパーを外して、新しいシール類を組み込みます。

ところで、フロントキャリパーのパッド外し。

9

まるで知恵の輪のようでした。びっくり。
※アドバイス頂いた”スガッチさん”、
ありがとうございました!

まず、取り外したマスターシリンダーを

10

分解します。

これも、

11

全て新品に取り替えます。

12

上が新品。
下が今まで付いていたもの。

Oリング等のゴムの張りが全然違いますね。

キャリパーは見た目が奇麗だったので、
とりあえずマスターだけ取り替えて、
KMX125に装着。

が、

エアー抜きを何回やっても、
キャリパーのピストンが出てくる気配がありません。

諦めてキャリパーを取り外して分解しようとしたところ、
ピストンがまったく動きません。

暫し考えて、

13

とある、『秘密工房』へ。
ドラえもんの秘密の工具で、ピストンもうまく外れ、

14

新しいゴムシールを取り付けます。

ところで、
ピストンを外してびっくりしたのが、

15

キャリパー内の奇麗さ。
まるで新車時みたいに輝いて、アルミの白錆?
もほとんどありません。
これが26年もののキャリパーだなんて。。。
※TTRさん、ありがとうございました!!

帰宅して、キャリパーを装着する頃には、
もう日が暮れてきました。

すぐにエアー抜きをすると、キャリパーのピストンが
動いて、レバーにあの感覚が戻ってきました!!

これで、前後のブレーキ関連も修理終了です!

タンクコックを交換したフェールタンクを装着して、

16

本日の作業終了。

実は、某オークションでリアホイールを格安で落札出来たので、
それが届けば、前後スプロケットとチェーンも取付け出来る
はずだったんですが。。。

まぁ、ここまで来たら、焦らず、じっくり直していきましょう(笑)

ちょっとだけ、先が見えてきて、嬉しかった今日の作業でした。

天使の囁きか、それとも・・・第三章


うっかり?購入してしまった、
Kawasaki KMX125

1

前回、エンジンが動くことが分かってしまったので、
気持ちを入れ替えて、
ちゃんと治して乗ることにしました。

と言う事で、
今回はフロント廻りの不具合確認と部品の交換です。

まずは、パンクしているフロントタイヤを外します。

2

SL230とは違い、ホルダーがなく、
ボルト一本とナットで止まっています。

3

取り外したアクスルシャフト。
グリスのグの字もないぐらい、カッラカラ。
錆の具合は思ってたほどではありませんでした。

ちなみにフロントブレーキは、

4

片押し1POT。

これでマトモに効くのかな?

5

ブレーキパッドの面積も少なそう。

最低でも片押し2POTじゃないと、今は厳しいんじゃないかなぁ?
とはいえ、まずは正常に動作しなけりゃ判断できないので、
後で確認してみましょう。

取り外したフロントタイヤは、

6

ブリジストンのK260。
ネットで検索しましたが、まったくヒットせず(笑)
もちろん、サイドウォールもひび割れだらけ。

で、サクッとタイヤを外して、
ホイールの状態を確認するために、
リムバンドを外してみると、

7

なに?この奇麗さは??
ほんとに26年前のバイク?
もしかしてオフロード未走行かも。

と、ちょっと嬉しくなって、

8

SL230に以前履いていた、
同じくブリジストンのTW27をサクサクと履かせます。

ホイールを装着する前に、
錆び付いたアクスルシャフトの表面を
ペーパーで軽く削って、

9

お気に入りの耐水グリースを塗り塗り♪して装着完了!

次に、ちょっと、いや、かなり不安な
フロントブレーキの状況確認。

マスターシリンダーの蓋を、

10

恐る恐る開けてみると、

11

あれ?空っぽじゃん!!

このバイク、ガソリン、オイル、クーラント等、
あらゆる液体が入っていませんです。

前の前オーナーがレストアらしき事をしたらしいけど、
その以来、まったく走ってないのかな?

まぁ、考えてもしょうがないので、

12

キャリパーにエア抜きチューブを取り付けて、

13

マスターシリンダーのリザーバータンクに
フルードをドクンドクンと注ぎ、レバーをぐにゅぐにゅ。

ん?

なんか引っかかりがあるなぁ。

やっぱりシール交換しなきゃだめかなぁ。

と、ブツブツ言いながら、
レバーをぐにゅぐにゅしていると、

14

リザーバータンクに真っ黒い何かが逆流してきました!

なんだこれ?

レバーを握りながら、キャリパーのドレンボルトを
緩めると、

16

出てきた、出てきた。

と喜ぶのも束の間、
どうもキャリパーのピストンが固着して動かない様子。

マスターと併せて、オーバーホールしないとね。
これは想定内なので、部品は既に発注済み。

お次は、

17

これ。

流石に、いい大人が直結ではまずいですから。

ところで、メーターパネルの距離計。

18

11,017km。。。

やれ具合から、もしかして実走距離かも知れません。

その一方で、

20

フォークロッドにはかなり深い錆。

ちなみにこの商品の説明は、

”フロントフォーク、ほとんど錆無し!”
確信犯か、それとも単なる無知か。。。

ペーパーでは取りきれない程、
深く浸食した錆だったので、

21

今回はとりあえず、ZOILで現状維持で良しとして、
先の作業に進みます。

22

メーターパネルを取り外し、
オークションで入手した、別機種の中古品と交換します。
幸いにカプラー形状、ケーブルともに全く同じでした。

23

これで、安心して公道を走れます(笑)

次章に続く。。。?

バイクと僕。


いつからバイクと付き合っていたんだろう。
ふと、そんなことを考えた。

生まれて初めてバイクに跨ったのは、たぶん5歳ぐらいだろうか、
おやじが運転するXRのようなオフロードバイクのハンドルとガソリンタンクの間に座った記憶がいまでもある。

それから何十年。
大学を卒業して、東京で定職に就かずぶらぶらしていた頃、
その当時収入がよかったバイク便をやろうと思った。
でもバイクも免許もない。
急いで教習所に通って中型免許を取って、バイクは車関係の知り合いからやすく譲ってもらった。
バイクはスズキのRA125.


そう、2ストのオフロード。
この当時でさえ、かなり古い部類に入るバイクで、尚且つ、2ストで日々走り回る
仕事は向かないかな、と思っていたところ、やはり案の定、勤務中に動かなくなってしまった。

早急に新しいバイクを見つけないと仕事が出来ないため、なぜだかホンダのAX-1を購入した。


これもオフロードタイプというか、当時流行り?のデュアルパーパスを言われる、
オンオフ両方走れるようにしてあったバイクだった。
都内の道は狭く、車の間をすり抜けるにはちょうど良いバイクだった。
車道ぎりぎりによっても、ステップが歩道の縁石に当たらないのも、このタイプのバイクを買った理由だったろう。

その後バイク便はあまりにも危険だったので辞めてしまい、
今後の人生のこともあり田舎に戻ることにした。

引越し業者に無理を言って2トントラックに便乗して運んでもらったAXー1。
しばらくは、田舎の道をとことこ探索しながら走る道具に使っていたが、
自宅のバイクのスペース関係で手放した。

しばらくバイク無しの生活を送っていたが、やはりどうしても乗りたくなって、
オークションで以前から気になっていたヤマハのSRX400を購入した。

が、購入した初期型のSRX400は安いなりにガタガタでどうしようもなかった。
なので、すぐさま売却し、程度の良い後期型のものを販売店から購入した。

SRX400は購入してすぐに、スーパートラップを付けた。が、
とても煩くなってしまい、その後仕事が忙しくなったのもあって、
ほとんど乗らなくなってしまった

乗らなくなってから6年経過、海外から日本に帰ってきて、自分の乗り物が無いことに気が付き、直して乗ることを決意。
いろいろ直している間に、バイクに乗りたい衝動が大きくなり、
不動車だったSRX400をなんとか車検を通して、まっとうに動かすようにした後、オークションで売却。

欲しいバイクが660CCで、なおかつ大型免許が教習所で取得できると知り、不惑の年であったが教習所に通うことに。

免許取得後に購入したのが、カワサキ ER-6n

初めての大型そして、初めての単気筒以外のバイクで、とても乗りやすかった。
しかしなにか自分の求めているところと違うような感じがした。
購入して2000キロぐらい走行したとき、ふと寄ってみたドゥカティのお店で
モンスター796の下取りとして売却してしまった。

そして今乗っているのが、このドゥカティ モンスター796。

でも、もっといろんなところに走りにいきたいと思い、ホンダのSL230も購入。

そして現在に至るわけである。

四国中国ツーリング~Secondo capitolo~ with Honda SL230


12月31日 大晦日 晴れ 気温約0度 四国中国ツーリング~Secondo capitolo~ with Honda SL230 の続きを読む