タグ別アーカイブ: KMX125

天使の囁きか、それとも・・・第伍章


Kawasaki KMX125
プチレストアシリーズ。

夜な夜な、走りだす夢を見ている間に、
発注していた部品が届きました。

15

雨上がりの花粉全開の土曜日。
テッシュ片手に作業に取りかかります。

まずは、
絶えずお漏らしして、
床中びしょびしょだった、

1

ガソリンコックを新品に交換します。

こういう部品の在庫がメーカーにあるっていうのは、
本当に助かります。
ただ、問い合わせ時点でメーカー在庫が2、3ヶでしたので、
次に交換する時はもう無くなってるでしょうね。

例えば、キャブレターのインシュレーター。

2

メーカー在庫2個のうちの1個です!

もったいないので、どうしようも無くなった時まで
大切に保管しておくことにしました(笑)

インシュレーターを確認したついでに、

3

オイルポンプ廻りのホースを引き直しました。

ちなみにオイルポンプからインシュレーターへ
オイルを送るホースの先端に、

4

ワンウェイバルブのような真鍮製の部品がついて
いましたが、劣化したオイルのようなものが中に
詰まっていました。危ない、危ない。

インシュレーターの次は、

5

エアクリーナーの取付けです。

購入時は外の殻だけだったので、
そのままでは怖くてダートは走れません。

6

エアクリーナーの部品は
まだまだメーカー在庫がありそうです。

組み付けはそんなに難しくないので、

7

サクッと完了。
っていうか、変な形ですね(笑)

エアクリーナーを装着して、
前に確認したキャブレターと合わして、
吸気系はなんとか終了。ふぅ〜。

次は前々回に問題が発覚した、フロントブレーキ。

8

フロントのマスターシリンダーと
キャリパーを外して、新しいシール類を組み込みます。

ところで、フロントキャリパーのパッド外し。

9

まるで知恵の輪のようでした。びっくり。
※アドバイス頂いた”スガッチさん”、
ありがとうございました!

まず、取り外したマスターシリンダーを

10

分解します。

これも、

11

全て新品に取り替えます。

12

上が新品。
下が今まで付いていたもの。

Oリング等のゴムの張りが全然違いますね。

キャリパーは見た目が奇麗だったので、
とりあえずマスターだけ取り替えて、
KMX125に装着。

が、

エアー抜きを何回やっても、
キャリパーのピストンが出てくる気配がありません。

諦めてキャリパーを取り外して分解しようとしたところ、
ピストンがまったく動きません。

暫し考えて、

13

とある、『秘密工房』へ。
ドラえもんの秘密の工具で、ピストンもうまく外れ、

14

新しいゴムシールを取り付けます。

ところで、
ピストンを外してびっくりしたのが、

15

キャリパー内の奇麗さ。
まるで新車時みたいに輝いて、アルミの白錆?
もほとんどありません。
これが26年もののキャリパーだなんて。。。
※TTRさん、ありがとうございました!!

帰宅して、キャリパーを装着する頃には、
もう日が暮れてきました。

すぐにエアー抜きをすると、キャリパーのピストンが
動いて、レバーにあの感覚が戻ってきました!!

これで、前後のブレーキ関連も修理終了です!

タンクコックを交換したフェールタンクを装着して、

16

本日の作業終了。

実は、某オークションでリアホイールを格安で落札出来たので、
それが届けば、前後スプロケットとチェーンも取付け出来る
はずだったんですが。。。

まぁ、ここまで来たら、焦らず、じっくり直していきましょう(笑)

ちょっとだけ、先が見えてきて、嬉しかった今日の作業でした。

広告

天使の囁きか、それとも・・・第三章


うっかり?購入してしまった、
Kawasaki KMX125

1

前回、エンジンが動くことが分かってしまったので、
気持ちを入れ替えて、
ちゃんと治して乗ることにしました。

と言う事で、
今回はフロント廻りの不具合確認と部品の交換です。

まずは、パンクしているフロントタイヤを外します。

2

SL230とは違い、ホルダーがなく、
ボルト一本とナットで止まっています。

3

取り外したアクスルシャフト。
グリスのグの字もないぐらい、カッラカラ。
錆の具合は思ってたほどではありませんでした。

ちなみにフロントブレーキは、

4

片押し1POT。

これでマトモに効くのかな?

5

ブレーキパッドの面積も少なそう。

最低でも片押し2POTじゃないと、今は厳しいんじゃないかなぁ?
とはいえ、まずは正常に動作しなけりゃ判断できないので、
後で確認してみましょう。

取り外したフロントタイヤは、

6

ブリジストンのK260。
ネットで検索しましたが、まったくヒットせず(笑)
もちろん、サイドウォールもひび割れだらけ。

で、サクッとタイヤを外して、
ホイールの状態を確認するために、
リムバンドを外してみると、

7

なに?この奇麗さは??
ほんとに26年前のバイク?
もしかしてオフロード未走行かも。

と、ちょっと嬉しくなって、

8

SL230に以前履いていた、
同じくブリジストンのTW27をサクサクと履かせます。

ホイールを装着する前に、
錆び付いたアクスルシャフトの表面を
ペーパーで軽く削って、

9

お気に入りの耐水グリースを塗り塗り♪して装着完了!

次に、ちょっと、いや、かなり不安な
フロントブレーキの状況確認。

マスターシリンダーの蓋を、

10

恐る恐る開けてみると、

11

あれ?空っぽじゃん!!

このバイク、ガソリン、オイル、クーラント等、
あらゆる液体が入っていませんです。

前の前オーナーがレストアらしき事をしたらしいけど、
その以来、まったく走ってないのかな?

まぁ、考えてもしょうがないので、

12

キャリパーにエア抜きチューブを取り付けて、

13

マスターシリンダーのリザーバータンクに
フルードをドクンドクンと注ぎ、レバーをぐにゅぐにゅ。

ん?

なんか引っかかりがあるなぁ。

やっぱりシール交換しなきゃだめかなぁ。

と、ブツブツ言いながら、
レバーをぐにゅぐにゅしていると、

14

リザーバータンクに真っ黒い何かが逆流してきました!

なんだこれ?

レバーを握りながら、キャリパーのドレンボルトを
緩めると、

16

出てきた、出てきた。

と喜ぶのも束の間、
どうもキャリパーのピストンが固着して動かない様子。

マスターと併せて、オーバーホールしないとね。
これは想定内なので、部品は既に発注済み。

お次は、

17

これ。

流石に、いい大人が直結ではまずいですから。

ところで、メーターパネルの距離計。

18

11,017km。。。

やれ具合から、もしかして実走距離かも知れません。

その一方で、

20

フォークロッドにはかなり深い錆。

ちなみにこの商品の説明は、

”フロントフォーク、ほとんど錆無し!”
確信犯か、それとも単なる無知か。。。

ペーパーでは取りきれない程、
深く浸食した錆だったので、

21

今回はとりあえず、ZOILで現状維持で良しとして、
先の作業に進みます。

22

メーターパネルを取り外し、
オークションで入手した、別機種の中古品と交換します。
幸いにカプラー形状、ケーブルともに全く同じでした。

23

これで、安心して公道を走れます(笑)

次章に続く。。。?

天使の囁きか、それとも・・・第二章


Kawasaki KMX 125

Kawasaki KMX125

カワサキが好き、というわけでもなく、
何となく落札してしまったこのバイク。

1986-1989、次のKDXが出るまで、
たった4年間しか製造されず、
当時はあまり人気が無かったみたい。
当然私も初めて知ったバイク名(笑)

そのため、
ネットで検索しても、あまり有意義な情報が得られず、
流用出来る部品は、その成立ちからして、
すごく限られているみたい。

しかし、その反面、
カワサキのHPで、分かっている範囲で必要と思われる部品を
調べてみると、機能部品のほとんどが入手可能だった。。。

kawasaki_part

レストアを断念した、CRM250Rのこともあり、
今回入手した、KMX125はなんとしても走らせたい。
(いや、走らせたくない!?)

4年前はエンジンがかかったらしいので、
とりあえず、今エンジンが掛かるか、もしくは何か問題が
あるかを確認して、その後どうするか考えることにした。

しかし、整備に取りかかる前に
サービスマニュアルをネットで探してみたが、
どこにも見つからない。
今までの知識と勘でなんとかするしかないってこと?(怖い)

以前、5、6年不動だったYAMAHA SRX400を動かすことに
運良く成功したけど、それは4ストロークエンジン。
今回のKMXは2ストロークなので、
エンジンの始動方法はちょっとやっかい。

まずは、始動にあたり、いろいろと用意します。

1

KMX125は水冷2ストロークエンジンなので、
エンジンオイルが二種類、そして冷却用のクーラントも。

空冷単気筒のSL230は、
たった1Lのエンジンオイルだけで
いいのに。。。と、一人でブツブツ(笑)

さて、オイル関係を入れる前に、
KMX125の服を脱がしちゃいます。

外装の一部は先週、腰が痛い中、概ね外してあったので、
今回はまずガソリンタンクを外します。

2

内部に一部錆びている所がありますが、
外観も含めて非常に状態が良いです。

ガソリンを抜いて保管していたのか、
あの特有のヘドロ臭もありません。

オリジナルと思われるカワサキグリーンにも
艶がありました。

タンクの次はキャブレター。

3

恐る恐るフロート室を外してみましたが、
ここもガソリンが抜かれていたため、
非常に奇麗。

でも、キャブのインシュレーター(ホルダー)は、

4

ご覧のような有様。
幸いにひび割れは表面だけなので、今回はこのまま使用。

インシュレーターとシリンダーヘッドの間にある、
リードバルブは、

5

こんな感じ。

いいのか悪いのか分かりませんが、
見た目的におかしなところがなかったので
これもこのまま使いましょう。

6

リードバルブを外したところから、
エンジンの中を覗いてみます。

7

う〜ん、ピストン下部になにやら筋のようなものが
ありますねー。大丈夫かなぁ。
まぁ、見なかったことに(笑)

次に、4年も動かしてなかったエンジン内部は、
オイルの油膜が残ってるか微妙なので、
プラグを外して、エンジンオイル(2スト用)をすこし垂らします。

キーをオフのまま、何回かキックでクランキングし、
シリンダー内にオイルを行き渡らせます。

と、ここで、

9

空っぽ?になっていた、2ストオイルタンクに
オイルを注ぎます。

ちなみに、
2ストロークエンジンは絶えず、オイルポンプから
エンジンにオイルが供給されていないといけなく、
エアーを噛んでいると、焼き付きの恐れがあるそうです。

ということで、
オイルポンプの動作確認を。

10

左の銅色のノズルが、キャブレターとリードバルブの
間のインシュレーターに繋がり、そこにオイルポンプから
オイルが供給されるシステムみたい。

アクセルスロットルをひらくと、キャブレターのバタフライ?と
オイルポンプの開度調整バルブ?が同時に開くようになって、
オイルの吐出量が増えるらしい?

プラグを外したまま、アクセルを開きながら
キックを何回かしましたが、
ノズルから、何か出て来る気配がありません。

というか、
リザーバタンクからオイルポンプまでオイルが
流れていません。。。
どうやら、ホースの途中になにか詰まっているようです。

このまま万が一、エンジンが掛かってしまうと、
ほんとうに焼き付いてしまうので、
ガソリンタンクに2ストオイルを入れて、混合燃料で
始動することにします。

キャブレター、インシュレーター、リードバルブを付けて、
点火プラグを装着。
と、その前に、ミッションオイルを交換することに。

11

エンジン真下にあったドレンボルト。
頭が舐めまくってますねぇ。。。

慎重にボルトを緩めて、ミッションオイルを抜きます。

12

あれ?意外とちゃんとしてますね。

とりあえずの始動確認なので、入れるオイルは、

13

その辺に転がっていたMOTUL 自動車用。

オイル交換の後は、ウォーターポンプの
ドレンボルトを開けて、古い冷却水を出します。

14

が、出ませんでした。。。

入ってなかったのか、それとも蒸発しちゃったのか。。。
ラジエターキャップを外して中を見ましたが、
やはりまったくありません。。。
ま、始動確認なので、これも見なかったことに(笑)

15

とりあえず、ラジエターのリザーバータンクに
冷却水を入れて、使えるかどうかも分からない
バッテリーを繋ぎ、

16

イグニッションをONにします。

カワサキのこの年式のバイクは、マイナスドライバーでも
イグニッションの操作が出来るようです。(嘘)

さて、
2ストの知識がまったくない素人ですが、
やっとここまで来ました。

そう、キックでのエンジン始動です。

動いて欲しい!
(ここまでやったからには最後まで治して乗る?)

動いて欲しくない!
(ここまでだったら、まだ普通の生活に戻れるかも?)

複雑な気持ちで右足を振り下ろします。。。

下します。。。

掛かりません。。。

何回かキックをしましたが、掛かる気配がありません。

やっぱりだめ?

何げに、キャブレターのチョークが目に留まったので、
引いてみて、キック!!

17

ブロロン♪

一発でかかっちゃいました。
懐かしい、あの2ストの排気音です。

治して乗っちゃえば??

どこからか、排気音に混じって囁きが。。。

嬉しいんだけど、なんだか微妙な気持ち。
あぁ、これでもう後戻り出来ないじゃん!!