タグ別アーカイブ: MOTOROLA PHOTON

mission failed!! – 2


行き止まりツーリングの

20160211_title2

探索模様です。 mission failed!! – 2 の続きを読む

PhotonとBeta


beta初林道の際に発生したギアオイル漏れ。

6

いったいどこから漏れてきたのか。
漏れてきたあたりのネジ類を再チェックしたけど、
極端に緩んでいる気配はなし。

7

フィラーキャップのオイルリングが悪さしているかも?
との情報を頂いて、確認したけどどうも分からんので、

9

とりあえず、ギアオイルの交換をする。
手にもっているのは、磁石付きドレンボルト。

10

素晴らしい量の鉄粉がくっついていた。
この写真じゃわからないので、

11

奇麗にしたボルトと比較。

12

クラッチが丸見えの穴からオイルを入れます。
入れるオイルの量は規定がなく、

13

このドレンボルトからオイルが染み出てくるまで入れる。
1L以上入りました。

8

aboutな濃い目で走ったので、プラグにはカーボンがぎっしり。
指定プラグはBR7ESで、安いので新品に交換。

14

タイダウンのサブベルトで簡易的スタックベルトを装着。

15

グラグラしていた、左ミラーを在庫のトライアルミラーに変更。

16

ハンドル切れ角があまりなく、SLのつもりでUターンしようとして
崖に落ちそうになったので、もうすこし薄いボルトに変更しましょうか。

5

林道走行に必要なサイドバックと小さいガソリン携行缶は既に発注済み。
2ストオイルを50cc×2つと、予備のプラグも次回からはしっかり持参。
オイルはもうすこし持って行かなきゃね。

betaばっかりかまっていると可哀想なので、

17

SL君にはメンテナンススタンドを新調♪
まぁ、Betaと兼用なんですが。。。

と、ここまでがバイクネタ。
こっからが、Motorola photon(スマートフォン)のトラブル顛末記。

実は先日のbeta初林道の時、いきなり、bmobileのsimが
認識しなくなり、キャリア表示が「sprint」の変わってしまいました。

photonを再起動しても、

「com.android.phoneが予期せず停止しました」

が表示され、キャリアは「sprint」。
数回再起動したけど、症状は改善しない。

simが壊れたのかもしれないので、別のスマートフォンに入れて確認したところ、
やはりsimが認識しない。。。

bmobileに確認したら、sim再発行に¥3,000を要求してきた。
新規契約とかわらんじゃん!

2年間150kbpsでよく頑張ったので、ここらへんでbmobileには引退してもらい、
新しく、ocnに変えることにした。

が、早速届いたocnのsimをphotonに入れても、キャリア表示は「sprint」のまま。

ちなみに私のphotonはauの標準romからカスタムrom(CM7.2)に変えてあるので、
そのせいかと思ったが、不幸なことに標準romのバックアップはとっていない。

CMWのリカバリーモードで立ち上げて、
バックアップしていたCM7.2にリストアしたが、
やはり表示は変わらない。。。

ES file explorer で「pppd-ril.options」の記述をocnに変えてもダメ。
なんかおかしい。

仕方がないので、CM7.2をFull Wipeしてからクリーンインストール。
それでもダメだった。。。

この時点で既に休みの半日以上を費やしていて、
さすがにもうこいつ(photon)はダメだろうなぁ、と思い、
次のスマートフォンを物色しながら、
photonのネットワーク設定を確認したら、
なんと、いつのまにか勝手に「CDMA only」になっていた!?

「GSM automatic」に変更したら、すんなりdocomo simが認識。
APNの設定をして、「pppd-ril.options」をocnに書き換えたら、
ocnに接続できた!

どうして勝手にネットワーク設定が変わってしまったのか
分かりませんが、とりあえず、これで山の中で迷わずに済みそう。
ようやく、1週間、もやもやしていた憂いが無くなりました(^_^)

<<photon ネットワーク設定変更方法>>
1、「*#*#4636#*#*」に電話をして、

00

2、端末情報をタップします。

0

3、優先ネットワークの設定をタップします。

1

4、「GSM Automatic」を選択。以上でした。。
2

流用部品探し他 – KMX125&KLE500


SL230は、
フロント、リアホイール等の純正品の流用は、
或る程度分かり、
また、社外品パーツもまだ購入出来る状態に
ありますが、KMX125そしてKLE500については、
社外品はもとより、純正品の流用について、
ネット上にほとんど情報がありません。

KMX125が現役で走っていた頃はまだ今のように
ネット社会が確率されていなかったのが原因でしょう。

KLE500については、流通している台数が限られているので、
おのずと情報も少ないのでしょう。

なので、
自分のための備忘録も兼ねて、
現在分かっている段階での流用部品情報をまとめてみました。

●KMX125
1、フロント&リアホイール
1

アクスルシャフト径がKMX125はφ15なので、
KDXやKLX等のホイールをポン付けで履くことが出来ません。
アクスルシャフト径を変えることは一応可能ですが、
そこまでやるのなら、他のバイクを手に入れた方がよさそう。

2、フロントブレーキキャリパー
2

林道をとことこ走る分にはそんなに問題ありませんが、
ちょっと気合いを入れた走りをすると、
フロントのブレーキの効きの弱さに驚かされます。

純正の1podキャリパーから、
KX85、スーパーシェルパ用の2podキャリパーへ交換することで、
制動力がかなりアップするようです。
*ローターとパッドの当たり面に少々問題があるようですが、
下記のローターに交換することで解決できるかも。

3

取付は無加工のボルトオンの様子なので、時期を見て実践予定です。

3、フロントブレーキディスク
5

純正品は既に在庫がなく、社外品も対応しているものは
ありません。
とある情報によると、D-トラッカーのディスクが
ボルトオンで装着可能らしい。
D-トラッカー以外のkawasakiオフ車のディスクも
流用可能との話もあり、これもいずれ実践予定。

4、フロントフォーク
6

KMX200のものがトップブリッジからごっそり交換可能らしい。
また、片側だけにしかないダンパーも両側に入れることで、
路面からのダンピングが抑えられる様子。

5、リアサスペンション
7

KMX200及びKMX125の最終型は、別体式リザーバー付きのダンパー。
私のはA2型なので、リザーバー無しタイプ。

なので、
KMX200かKMX125の最終型のダンパーに交換すれば、
かなりよくなるはず。*いずれも純正品在庫無し

6、ワイドステップ
8

SUZUKI RM85やDR-Z125Lの純正ステップが装着可能とのこと。
試しに、RM85用の社外ワイドステップを装着してみたが、
ほぼポン付けでした。

7、レバー類
9

KDX125SR、KLR110、KSR50、KSR80のものが取付可能らしいが、
品番から検索して、KDX125SRのものが一番可能性が高そう。
これまた、近々実践予定。

●KLE500
このバイクは、あまりいろいろ変えたくないので、
ハンドガード、ステップ、レバー、エンジンガードの
交換、装着程度に留めておきたいです。

1、ワイドステップ
びっくりしたのだが、純正品はエストレア(2013)と品番が一緒。
SW-motecの社外品は、HONDA トランザルプ700にも対応している。
どちらのバイクも社外品のワイドステップがほとんどないので、
他のバイクで流用できないか、現在も調査中。
※KMX125と同じく、RM85、スーパーシェルパ等のステップが流用可能!

2、レバー類
純正品はブレーキ、クラッチともに、Kawasaki ZRX-2と同じもの。
よって、ZRX-2用の社外品レバーが装着可能。

と、ざぁーと書き出してみましたが、
他にもこの車種のこの部品が使えるよ♪
みたいな情報があれば、是非是非教えてくださいね。

<<MOTOROLA PHOTONの改悪改造?>>
10

バイクに乗ってるから、”MOTO”ROLAを使ってる、
というわけではないですが、
自宅療養中で時間が余っているので、
伸ばし伸ばしになっていた、AUのスマートフォン、
MOTOROLA PHOTONで、格安データ通信のbmobileのSIMを
使えるようにしました。

といっても、その道中は紆余曲折でした。

バックアップをとらずに
ルート化し、AUのROMのまま、ファイルを修正してしまい、
起動しなくなってしまいました。

幸いに起動画面までは動いたので、

11

bootloaderをunlockにして、CWM(CrockWorkMod)を導入。

12

カスタムROM(CM7.2)を入れて、なんとか起動。
画像データもしっかり残っていて、助かりました。

次に、

13

bmobileのSIMが使えるように設定を変えます。

最後に、
このままだと、アンテナのピクトアイコンが圏外のままになり、
スタンバイ状態で絶えず電波を探しにいってしまうため、
極端に電池の持ちが悪くなってしまいます。

なので、ちょっといじくって、

14

アンテナが立つようになりました。
これでPHOTONの改良作業終了!!

もう二度と、AUの画面には出会えなくなりましたが、
これで、林道探索や長距離ツーリング時にナビや地図を
リアルタイムで、尚かつ¥980円/月の使い放題で
使用出来るようになりました。
*今まではローカルに保存したデータを呼び出してました。

本当に便利な世の中になりましたねぇ〜。

!!スマートフォンのカスタムは自己責任で行ってください!!