タグ別アーカイブ: suzuki

バイクと僕。


いつからバイクと付き合っていたんだろう。
ふと、そんなことを考えた。

生まれて初めてバイクに跨ったのは、たぶん5歳ぐらいだろうか、
おやじが運転するXRのようなオフロードバイクのハンドルとガソリンタンクの間に座った記憶がいまでもある。

それから何十年。
大学を卒業して、東京で定職に就かずぶらぶらしていた頃、
その当時収入がよかったバイク便をやろうと思った。
でもバイクも免許もない。
急いで教習所に通って中型免許を取って、バイクは車関係の知り合いからやすく譲ってもらった。
バイクはスズキのRA125.


そう、2ストのオフロード。
この当時でさえ、かなり古い部類に入るバイクで、尚且つ、2ストで日々走り回る
仕事は向かないかな、と思っていたところ、やはり案の定、勤務中に動かなくなってしまった。

早急に新しいバイクを見つけないと仕事が出来ないため、なぜだかホンダのAX-1を購入した。


これもオフロードタイプというか、当時流行り?のデュアルパーパスを言われる、
オンオフ両方走れるようにしてあったバイクだった。
都内の道は狭く、車の間をすり抜けるにはちょうど良いバイクだった。
車道ぎりぎりによっても、ステップが歩道の縁石に当たらないのも、このタイプのバイクを買った理由だったろう。

その後バイク便はあまりにも危険だったので辞めてしまい、
今後の人生のこともあり田舎に戻ることにした。

引越し業者に無理を言って2トントラックに便乗して運んでもらったAXー1。
しばらくは、田舎の道をとことこ探索しながら走る道具に使っていたが、
自宅のバイクのスペース関係で手放した。

しばらくバイク無しの生活を送っていたが、やはりどうしても乗りたくなって、
オークションで以前から気になっていたヤマハのSRX400を購入した。

が、購入した初期型のSRX400は安いなりにガタガタでどうしようもなかった。
なので、すぐさま売却し、程度の良い後期型のものを販売店から購入した。

SRX400は購入してすぐに、スーパートラップを付けた。が、
とても煩くなってしまい、その後仕事が忙しくなったのもあって、
ほとんど乗らなくなってしまった

乗らなくなってから6年経過、海外から日本に帰ってきて、自分の乗り物が無いことに気が付き、直して乗ることを決意。
いろいろ直している間に、バイクに乗りたい衝動が大きくなり、
不動車だったSRX400をなんとか車検を通して、まっとうに動かすようにした後、オークションで売却。

欲しいバイクが660CCで、なおかつ大型免許が教習所で取得できると知り、不惑の年であったが教習所に通うことに。

免許取得後に購入したのが、カワサキ ER-6n

初めての大型そして、初めての単気筒以外のバイクで、とても乗りやすかった。
しかしなにか自分の求めているところと違うような感じがした。
購入して2000キロぐらい走行したとき、ふと寄ってみたドゥカティのお店で
モンスター796の下取りとして売却してしまった。

そして今乗っているのが、このドゥカティ モンスター796。

でも、もっといろんなところに走りにいきたいと思い、ホンダのSL230も購入。

そして現在に至るわけである。

ドゥカティモンスター796購入


どんなものでも完璧なものはない。
ER-6nにも多少の不満はあった。

例えば高速での巡航はその着座位置のために風をもろに身体に受けるので、
法定速度以上は出したくても出せなかった。
カウルらしきものは付いているが、あまり効果が無かった。

スタイルも初めは格好いいと思っていたが、乗っていくにつれ、あまり魅力を感じなくなって
しまった。特に後ろのフェンダーあたりはまるで天狗の鼻のようになっていて、
個人的にとても歪に感じ始めていた。

そんななか、
たまたま寄ったドゥカティのお店でmonster 696を試乗させてもらった。
ER-6nと比べると、すべてがソリッドでストイックな感じだった。
僕が求めていたのはこれだったのか!?

翌週にはER-6nを下取りに出して、Ducati Monster 796を購入した。。。

SRX400売却、そしてKawasaki ER-6n購入


自力で治して、車検を通したSRX400。
念願のキャンプツーリングを終えたあと、売却することにした。
動かなくなっていたバイクを動くようにするにはいろいろとたいへんで、
その過程で愛着もあったけど、気持ちは既にほかに動いていた。

SRX400をオークションで売ったその日に、静岡のカワサキショップに行き、
2009年モデルの走行距離が少ない、Kawasaki ER-6nを購入した。

このバイクに決めるまで、いろいろと候補に挙がった。
SRX400で単気筒の振動の多さに辟易していたため、次のバイクは
単気筒以外、4気筒以下、ということで、必然的にツインかV型になった。
(トライアンフは外車ということもあって、このときは眼中になかった)

2気筒エンジンなら何でも良いわけではなく、デザインが凡庸のものはだめ。
ホンダのVTR250やスズキのSVとかのデザインにはまったく興味がなかった。
で、僕が目を付けたのは、Yamaha BT-01。

近場のバイク屋には在庫がなかったので、赤男爵で探してもらい、ちょっと離れた店舗に
在庫があるのを教えてもらい、実車を観にいった。
おいてあったBT-01は程度がよくなかったが、お店の好意でエンジンをかけてもらった。
低音がずしりとして、ノーマルのマフラーでも十分貫禄があるものだったが、いかんせん、
重すぎ。

で、たまたま横に置いてあった、kawasaki ER-6nが気になり、またまた好意でエンジンをかけて
もらったら、意外といい音を奏でた。
660ccということもあり、重量も軽く、取り回しも楽そうだったので、早速見積りをもらってその場を後にした。

家に帰って、ネットで相場を調べると、平均よりかなり高い値段を提示してきたみたいで、
もちろん丁重にお断りした。
それからいろいろとネットで調べ、静岡のカワサキショップに在庫があるのを確認し、
購入に至ったわけである。

いざ乗ってみて、そつなく出来てるバイクだなぁとつくづく感じた。
パラツインと言われる並列2気筒のため、車体はスリムで車重も軽い。
乗車姿勢は前傾がきつくなく、どちらかというとスタンディングポジションのよう。
それでいて足付きも悪くなく、回せば660cc 70HPは十分にパワフルだった。

納車されてすぐ、僕は和歌山へキャンプツーリングに出かけた。

約5年ぶりにSRX400復活!!


中東から帰って、しばらくして日本の生活に慣れてくると、
自分用の移動手段が欲しくなる。
自転車も家族の車もあるが、気がつけば、長い間乗っていないで
放置してあったSRX400が目にとまった。

直して乗るか。

5年いや6年?近く動かしていなかったSRX400に被せていたカバーを取ると、
そこには錆だらけ埃まみれの大きな粗大ごみがあった。

直せるかな。。。

すこし不安になった僕は、
たまたま家の前を通っていた無料バイク引き取り業者に査定を御願した。

『無料じゃむりだな、逆に一万円ぐらい貰わないと引き取れないよ』

業者のこの言葉で自力で治すことを決意した僕は早速作業に取り掛かった。

1、ガソリンタンク洗浄
これが今回のプチレストアで一番時間も手間もかかった箇所。
ガソリンをいれっぱなしで何年も放置していたので、錆はもちろん、
ガソリンが腐ったような得体の知れない物質がタンクに蔓延っていた。
幸いに錆による穴等がなかったため、
WAKOSのガソリンタンク洗浄剤を二回使ってなんとか修復。

2、キャブレターオーバーホール
パッキン類はそのまま使用し洗浄だけ。
メインジェット類が錆?で使えなくなっていたり、
フロート室にガソリンが流れる部分が腐食していたりたいへんだったが、
オークションで部品取り用キャブレターを入手して二個一にして修復した。

3、フロントフォークオイル&シール交換
面倒くさいので業者に任せた。
全部で2万円ぐらいだったから手間を考えるとCPは良かっただろう。

4、前後タイヤ交換
5年以上も前のタイヤはサイドウォールにひび割れ多数。
このままじゃ車検が通らないので前後とも、ブリジストンのラジアルに交換。

5、リアブレーキキャリパーオーバーホール
フロントキャリパーは揉みだし程度で修復出来たが、
リアはピストンが固着してしまい、なくなくオーバーホール。
キャリパー外したついでにブラストをかけてもらい、耐熱チタンカラーで塗装。

6、バッテリー、プラグ、オイル、オイルフィルター、エアクリーナーの交換
これらはすべて新品に交換。
エアクリーナーなんて、ゴム部分が腐ってこなごなになっていた。
このままエンジンかけたらたいへんなことになっていただろう。

7、アルミ腐食部分の補修
アルミ地肌にウレタンクリア塗装が施されているが、その間に水分が入りこみ、
アルミを腐食していた箇所が多数あったのでサンドペーパー等で磨いて、
軽い鏡面仕上げにしてみた。これが一番労力がかかった部分かな。

8、ウィンカーの交換
SRX400の前後ウィンカーは、取り付けステー部がゴムで出来ていて
振動を吸収するようになっている。
しかし、経年変化でこのゴムがこなごなになってしまう。
僕のSRXも同じように、ゴムステーが折れてしまい、
ウィンカー本体がダラ~ンと下に垂れ下っていた。
純正新品はとんでもない値段なので、中古品をオークションでゲットし装着。

9、ユーザー車検
今回初めてユーザー車検をしたが、思っていた以上に簡単だった。
時間と暇さえあれば、誰でも受かるだろう。