タグ別アーカイブ: T63

やっぱり林道最高!!


林道探索の二日目。
今日は天竜・水窪方面へ初探索。
期待と不安で胸がいっぱい。

まずは、
以前走った、「林道 境面沢線」の終点から先の
探索に向かいますが、

1

2

以前よりかなり荒れてしまっていて、途中で進行断念。

3

まるで、森町の「三倉林道」のような
廃道になりつつありますね。

次に向かった、

5

「林道 神妻線」
こちらは以前荒れていて途中で引き返したのですが、
逆に奇麗になっていて、終点まで行けました。

終点から先、

6

ここを登っていけば、「林道 佐久間線」
行けるそうですよ。お試しあれ。

道中、

7

こんな橋がありました。
子連れbajaさんが言ってたのはこれかな?

どんどん北上して、

8

「林道 天竜川線」へ。

9

2kmじゃありませんよ。
20kmです!!
でもこの林道は全線鋪装済みなんですよね。
分かっていたけど、走ってみたかった林道があったのです。
それは、

10

「林道 池の平矢岳線」
あぁ、なんと、ゲートが閉まっています。。。

11

脇が甘いですが、標高が高くて、落ちたら
気持ちよくなりそうなので、やめておきます。

このゲート近くは「大津峠」というらしいですが、
その傍らに、

12

怪しいノート?写真アルバム??
絶対何かありそう。。。

天竜川線はこの先長いので、ここでUターンして、
すぐ近くの、

13

「林道 大野中根山線」へ。
ここも全線鋪装済み。

次の、

14

「林道 大寄線」も鋪装済みでした。

15

道路案内に「長野県」
かなり遠くまで来ましたね。

それにしても、
今日はダートが全然走れません。

ストレスが溜まってきたところに、

16

「林道 奈良代線」
初めは舗装路でしたが、
途中から、

17-2

ご覧のような、極上ダートが!!
たまらず、叫んじゃいます。

ヒャッホッー!!

かなり長い距離走って、

17

「戸中山林道」の起点へ。

意外に簡素なチェーンゲートに、

18

これまた脇が甘々です。

行きは興奮して写真を撮れなかったので、

19

帰りに撮っておきます。
山深い林道で、ほどよく荒れていて、
久しぶりに楽しめました。

戻る途中に、

20

別林道、「林道 高森山線」が分岐していたので進みます。

この林道は、

21

景色が開けて気持ちいいんですが、

22

ところどころ、落石があるので、要注意。

ピストンかな、と思っていたら、抜けていて、

23

「林道 白倉山線」に接続してました。

あと何本か林道を走ってから浜松に戻ろうかと、
思っていたら、

24

真っ黒な雲が迫ってきて、ゴロゴロと雷も鳴りだしたので、
探索は諦め、急いで帰路につきました。

それにしても、

25

リアタイヤのミシュランT63。
ほんとに山が減らないタイヤです。

ダートのグリップはいまいちですが、
今回のような舗装林道ばっかりでも、
タイヤの減りを気にしなくてもいいので
精神的にラク。
ほんとにいいタイヤです。

昨日とはうってかわって、
タイヤも含めて、今日はノントラブルで
帰還できました。

戦い終えて・・・


週末の林道、いや、山道探索を終えて、
トラブルや問題が多々ありました。

まずは、戦いで壊れた品々の復旧状況など。

1、デジカメ

比較的短い時間(たぶん何十秒)の浸水だったため、
帰宅して直ぐドライヤーで乾かし、夜は凍えながら
扇風機で風を送って一日経ったあと、バッテリーを
入れて恐る恐る起動ボタンを入れると、無事に起動!!

試しに写真を撮影しましたが、問題なく動作しました。
購入してからかなり経ちますが、気に入っているデジカメ
だったので治ってよかった!!

2、スマートフォン

落下して沢底から見つけ出すまでの間、
約5分程度浸水してしまいました。。。

デジカメと同じようにドライヤーで乾かしていたら、
基盤に入り込んだ水が蒸発して液晶画面が真っ白に!!

やっぱりだめかなぁ。

ネットをいろいろ調べると、2、3日、乾燥させてから
バッテリーを入れたほうよい、との情報があったので、
3日経った本日、恐る恐るバッテリーを入れて
起動ボタンを押してみたところ、、、

奇跡です!!ちゃんと動きました!!

GPSトリガーソフトが起動したままだったので、
終了してグーグルアースにアップロードしたら、
水没した場所まで、しっかりデータに残っていました。

MOTOROLA PHOTON

購入して間もない頃は、あまりいい印象がなかったのですが、
今回の復活で、ちょっと、いやかなり見なおしました。
いやー、ほんとうに良かった!!
これからは大事にするからね。

3、左ミラー

先日取り付けたばかりのナポレオンミラー。
転倒の際に根元から折れました。

溶接すれば使えそうなので、機会があるまで
取っておいて、また新しいのを購入予定。
今度はトライアルミラーにしようかなぁ。

次に、なんでそんなに転倒するの??
登れないの??

ってことなんですが、

バランス感覚がよくない、のは分かるんですが、
巧い人の走りを観てみると、
どうもステップへの荷重の掛け方が、
僕は弱い、というか、意識が足りなさ過ぎる感が。

ヒルクライムはもちろん、
それに至る普通の道(っていっても普通じゃないが)
でも、どうしても後ろ荷重気味になってしまいます。

ハンドルの高さがスタンディングしにくい、
というアドバイスもありましたが、
やはりもうすこし”ステップ”を意識して走らないと
いけないと感じます。

次にタイヤ

今回、フロント、リアともに、ミシュランのT63
臨んでみましたが、ガレ場、フカフカ山道、
そしてフラット系林道、すべてにおいてダメダメでした。

以前にも軽くインプレしましたが、
タイヤの剛性が高すぎて、空気圧を落としても(0.5kg)
グリップの変化は微細なので、エア調整はほとんど無意味。
※逆に考えれば、リム打ちパンクの恐れは非常に低いです。

また、フロントの横に逃げる性格は、リアの直進性と相俟って、
フラットな路面だと、非常に走りずらい。

フロントタイヤを傾けないように走るには、リアを
或る程度意図的に滑らさないといけないのですが、
リアが滑るのと、フロントが横滑りするのが
ほとんど同じタイミング。

結果的に、リアブレーキをロックもしくは、
強引にシフトダウンさせてリアを滑らせないと、
気持ちよく曲がってくれません。

ただ、そうはいってもリアの縦グリップは、
IRC GP-22より格段上で、巧い人なら
うまく荷重をかけて登っていくことは可能だと
わかったので、
要は、まだまだ修行がたりない
という訳なのです。残念。

最後にギア比の問題

前回走行時もそうだったのですが、
山道を走行するには、SL230の純正ギア比だと
高過ぎで、半クラッチを使う機会がとても多く
なってしまいます。

純正は、

13T – 39Tなので、

フロントスプロケットの丁数を変えて、

12T – 39T

にしてみようかと。

実は、トラタイヤやエンデューロタイヤを履くには
ノーマルのギア比のままだと、これらのタイヤの外径が大きいので、
SL230のスウィングアームにタイヤが干渉してしまいます。

なので、リアタイヤの位置をすこし後ろにずらす必要が
あるわけで、そのためのフロントスプロケットの丁数変更なのです。

もちろん、低速に振ると、最高速度は下がり、高速を使うのが
厳しくなりますが、フロントのスプロケットだと、交換も
簡単なので、キャンプツーリングなどで遠出をするときは、
リアタイヤと一緒にスプロケットも交換すれば一石二鳥。

とまぁ、PDCAっぽくいろいろやってみましたが、
いったい自分はどこを目指しているのか、最近分からなく
なってきている感じも。

基本的に、

自分の思い通りに、そして楽しく走れれば、

と思ってるんですが。。。

天竜・龍山の林道天国 – プロローグ+続タイヤインプレ


旧龍山村の林道探索。
まだまだ続きます(笑)

いままでちょくちょく現れる、「林道 西下里線
前回の「林道 西下里西線」の終点から合流して、
更に北上していくと、

T字路へ。

写真が分かりずらいですが、
今上がってきたのは左からで、
真っすぐの道と右へ曲がる道とのT字路になります。

路の傍らに龍山の案内板があります。

直進は「国有林」の表示。
裏の案内板は、

こんな感じ。

まっすぐ行く「国有林」は、暫く走って
行き止まりの「樽口林道」なので、今回は右へ。
*簡単なチェーンゲートがT字路から少し走ると掛かっています。

T字路を右に曲がって暫く登っていくと、
またまたT字路に突き当たります。

T字路からは、右へいっても、左へいっても、

ダートです。

突き当たりにある案内板は、

こんな感じ。
その案内板のすぐそばには、

林道 西下里線」の終点表示もあります。

で、道を挟んで反対側にも、

案内板が。。。
ものすごい親切ですね。

実はこの辺、林道標示と龍山村の案内板が入り乱れて、
どこからどこまでがどの林道かはっきり分かりません。

2、3回この辺りを調査してみた結果、
里から上がってこのT字路までが、
林道 西下里線」。
横切っているのが、「林道 寺野線」と、
暫定的に決めました。
*間違っていたらごめんなさい。

で、ここを左に行くと、椎ヶ沢林道、瀬尻林道経由の
約20キロのダート天国?地獄?
に行きますが、
それは追々レポートするとして、
今回はここを右に、「寺野」集落方面へ下ります。

しばらくは、ほどほどの快適なダートが続き、

その後、最近施工された感じの新しい舗装路に変わります。

そのまま舗装路を下っていくと、

直進方向がダートで、
右へ緩やかに曲がる下りの舗装路の分岐に辿りつきます。

案内板もしっかり設置されていますよ。

舗装路をそのまま下ると、R152号に合流しますが、
もちろん、ここは直進方面のダートへ。
実はここから先も、舗装路一切無しのダート天国♪

入り口まで長かったですが、
早速、天国への階段を昇っていきましょう!!

・・・でもごめんなさい。
本線の様子は次回以降で!

<<MICHELIN T63 vs AC10 耐久性比較インプレ>>
下は、装着してから約1,000キロ走行した MICHELIN T63。

舗装とダートの割合は、6:4ぐらい。
センターブロックの先端が丸くなりかけています。

一方の、
それまで履いていた MICHELINのAC10。

鋪装とダートの割合は同じくらいで、
約1500キロ走行
T63と比較して、センターのブロックの山がかなり
減っていますね。4、5分山といった感じ?
実際、初期の頃と比べて、
グリップが落ちてきているのが分かります。

ここまでの感じから、
T63は舗装路を走っても、噂通りかなり持ちそうな感じ。

AC10の方は、舗装路を走行する機会が多いと、どうしても
センターブロックが先に減ってしまい、逆向きに履き替えても、
3,000キロ持つか持たない程度かと。

とはいえ、タイヤの性格はAC10の方が好みなので、
T63の持ち次第で、元に戻すかも。

それにしても、
いつになってもタイヤ選択は本当に悩ましいです。。。