タグ別アーカイブ: WEX

リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – レース本番編①


6月30日(日曜)
天候:晴れ
気温:たぶん30℃以上

3

JNCC鈴蘭大会のリベンジを果たすべく、
SL230からKMX125に乗り換えて臨む、
WEX(JNCC) Rd,5 プラザ阪下戦。

今回は、TTRさんが「Yamaha TT-R Raid」で
90分クラスに初出場するので、デリカトランポに便乗。

当日の深夜に現地到着。2台のバイクを下ろして、
車内でTTRさんが、私が車外で仮眠(簡単に言えば野宿)を。

私達の後にも到着する参加者がそこそこいて、
ドアの開け閉めで何度も起こされ、ほとんど寝れないまま、
夜明けを迎えた。

1

早朝は曇っていた空模様。
朝食を食べ、第一レースの40分クラスがスタートする頃には、

4

真夏並みの太陽が覗き、気温はグングン上がっていった。
熱中症は大丈夫だろうか。

40分はあっという間に過ぎ、
TTRさんが出場する、90分クラスのスタートが近づく。

5

今回はTTRさんが90分、私が120分なので、
それぞれ、レース時には、ピットで待機するようにした。

上位クラスから順次スタートし、
ついに、TTRさんの初エンデューロレースのスタート。

6

7

※ゼッケン432がTTRさんの操る、Yamaha TT-R Raid(1993年式)
落ち着いた様子で、

8

1コーナーへ進入するのを見届けて、
ピットエリアへ戻る。
※ここから先は、写真がほとんどありません。
申し訳ありません。

自分のペースで走るTTRさんを応援していたが、
日陰のないコースにいたため、日焼けして、
軽い日射病になってしまった。

暑くてたまらなくなったライダーが
ピットインしてくるようになった残り30分頃、
TTRさんの走りに疲れが見えてきた。

もしかして熱中症?

初レースというのもあって、ここは大事をとって
ピットインしてもらおうと合図を送るが、まったく反応無し。

もしかして、見えてない??
もしかして、かなり深刻な状況なのでは??

心配になり、次の周回時には、
更に大きく合図を送ったが、またしても反応無し。

たまたま隣りに居た人が、

”見えてないんじゃないの?
もっと大きく合図しよう!”

ということで、次の周に、更に大きく、
そして二人で合図を送るもまたしても無視。。。

”いい大人だから、もう本人に任せますよ”

と親切な隣りの方(旦那さんが走行中)に言うと、

”ここにいる人はみんな子供だよ、子供!
それも大きな子供!”

笑笑、確かにそうだ。

そんな感じで話をしていたら、
トップの人がチェッカーフラッグ!

フィニシャーズロードでTTRさんを迎えて、
初レース、90分間の死闘を労っていると、

”最後の最後で抜いてやったぜ!”

顔を紅潮して話すTTRさん。
その興奮した様子に、

”あ、この人、嵌っちゃったかな”

と、ほくそ笑む私(^^;

さぁーて、そろそろ自分の出番だ。
※TTRさん、お疲れさま!

パート2に続く。。。

【 レース結果速報 】またしても・・・


とりあえず、

1

TTRさんと供に、完走しましたが、

2

暑さと睡眠不足と???にやられました。
詳しいレースの模様はまた後日。。。

とにかく、暑かった!!疲れた!!
そして、TTRさん、お疲れさまでした!!

リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – 準備編②


先週痛めた左太もも。

ようやく松葉杖無しで歩けるように
なりましたが、未だ痛みが激しく、
階段の昇り降りはまともに出来ません。

週末に診察に行きましたが、
まだ動かしてはいけない時期だそうで、
先週までの、”絶対安静”から、”絶対”が取れた程度。

当然バイクにも乗れず、重い整備も出来ません。。。

とはいえ、レースまであと2週間なので、
体をあまり使わない準備を行いました。

まずはフロント廻りの保安部品の取り外し。

1

ヘッドライトと左右のウィンカーを外して、

2

自家製ゼッケンを貼りました。
ちょっと番号が小さかったかな。

リア廻りも、

3

ライト類とナンバーをごっそり取り外し。
SL230と違って、とっても簡単でした。

で、最後に、

4

可倒式のピボットレバーに交換。
これは「無印良品」のKDX125SR用。
すんなりポン付けでした。
在庫が無いので、今回はブレーキだけです。

最近ほとんど乗ってあげれない、SL230ですが、

5

CYCRAのプロベンドハンドガードと、
こちらも同じく、無印良品の可倒式ピボットブレーキレバーを
付けてあげちゃいます。

CYCRAのハンドガードは、トップブリッジに装着するタイプ。
前につけていたACERBISと比べてかなり堅牢で、
ちょっとやそっとじゃびくともしません。
*取付要小加工。

無印良品のレバーは、香港のメーカー品らしいですが、
KMX、SLともに問題なく装着出来て、
握った感触はかなりいい感じ。
これで、次回の鈴蘭は上位狙えるかも!?

といった感じで、今回の整備は以上で終了。
ちなみに、レース用に用意した、

6

激安MXタイヤ(DUNLOP MX51FA)も既に届いていますが、
今の体では交換もままなりません。

体をいたわりながら、ちょっとずつ慣らしていきましょう。
もう、いい歳なので。。。(^^;

7

*夕方にお邪魔した、TTRさんも準備は順調のようです(^^)
リア廻りがえらく格好いい!

リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – 準備編①


SL230で初めて出場し、惨敗した、
先日のエンデューロレース

1

SL230は山道トレッキング等では
とっても頼もしい優等生なんですが、
如何せん、
或る程度のスピードを要求される
エンデューロレース(の一部)となると、
その良さが逆にネックとなってしまいました。

とくに、サスペンションのストロークの無さは、
路面の凹凸ひとつひとつに反応してしまい、
乗り手の体力(腕力)をみるみる奪っていく
結果に・・・。(自分の技量不足も多分に)

また、トレッキング時には乗り手を助けてくれる、
車重や低速トルクも、それ以上の速度域で走ることが
難しくしている面も。。。

とまぁ、ぐたぐた書いても仕方ないのですが、
簡潔に言って、
SL230でエンデューロレースは厳しいので、
KMX125で次回のレースは出てみようと思いたったのです。

で、早速、レースに向けていろいろと整備を行います。
今回は二日間に渡っての作業です。
まずは、以前頓挫した、フロントショックのオイル交換。

2

こんな感じでトップ部のCリングを外して中身を出すと、

3

片方のダンパーは奇麗なイチゴ色のオイルだったのですが、
もう片方は、ヘドロの様な強烈な匂いと劣化したオイル
まみれでした。

オイルが抜け切る間に、

4

ワイヤーの洗浄とグリスアップと、
CYCRAのオープンタイプのハンドガードを装着。

この日は午後遅くから作業を開始したので、
すぐ日が暮れてしまい、

5

野宿をやられている方のところへご挨拶。
美味しい料理とパワーを頂き、

6

翌日朝から作業再開!!
バイクに装着されているフロントアクスルシャフトは、KMX125の最終型。
手にもっているのは、元々付いていたもの。

このシャフトを付けて、

7

フロントディスクガードを装着します。
ちなみにこれは某オークションで格安で入手した、
KMXオリジナル物。

ホイールには、穴を開けてリムロックを装着し、
SL230で履いていた、VeeRubberのエンデューロタイヤを
嵌め替えました。
なんかいい感じになってきましたね(^^)

次は、先日の山道走行で、

9

ぐにゃりと曲がってしまったステップ。
治そうと思えば治せそうですが、
元々貧弱なステップで、スタンディングでの
安定感なんて、ほとんどなかったので、

8

ワイドステップへ交換します。

もちろん?流用部品なので、
付くかどうか現物合わせしてみないと
分かりません。

恐る恐る付けてみると、

10

おぉ!!ちゃんと付いてる!!

といっても、実は微妙に内寸が小さく、
ワッシャーを一枚噛ませて嵌めています。
*リターンスプリングはそのまま使用可。

一応装着できますが、

11

問題も少なからず。。。。

ま、細かい事を気にしてても仕方ないので、
今回の整備の一番の目的、

12

オーバーヒート癖を治すため、
サーモスタットを交換します。
ラジエター後ろには、今後の事を考えて、
PCファンの設置も控えてます(^^;

クーラントを抜いて、
冷却ラインをごっそり洗浄したあと、

13

シリンダーヘッド上部に付いている、
サーモスタットを外します。

14

左が装着されていたもの。
右が新品です。
古いものは汚れてはいるけど、破損等はなさそうなんですが。

取り替えて、クーラントを入れてエア抜きしたあと、
軽く近所を走りましたが、水温は半分以下。
効果があったのかなかったのか、
走行時間が少ないので微妙です。
来週、走行試験してみましょう。

リアホイールもリムロックを装着し、
エンデューロタイヤを嵌め変えて、
KMX125の整備は終了!

その後は、

15

レースで疲れたSL230を労います。
1速だけでかなり走ったけど、
オイルはそんなに劣化してませんね。

折れてしまったクラッチレバーも、

16

新品にしてあげます。
今度折れたら、ピボットレバーかなぁ。

ということで、整備漬けの週末でしたが、
月末開催のエンデューロレース。
KMXでどれだけ走れるか、今からとっても楽しみです。