N-VAN辛口インプレッション


忖度無し!

業務車兼トランポのフリードは
いろいろと問題が発生したため、
昨年の消費税アップの前に
N-VANに乗り換えました。

フリードトランポっていっても、
素の状態だと、まともにバイクは積めないので、
セカンドシートとサードシートを取り払って
載せていたので、厳密にいうと、違法改造。
もちろん、ディーラーの点検時には重いシートを
毎回載せては外してを行ってました。

また、運転支援装備目当てに
マイチェン後のフリードに乗り換えましたが、
これが大外れ。
荷室がひと回り、二回り小さくなってしまい、
バイクの積載もきっつきつでした。

ただ、乗用車としては、左右電動スライドドア等、
使いやすくていいクルマだったので、乗り換えには
かなり悩みました。

購入したのは、N-VAN FUNターボ 2WD

装備や使い勝手、燃費等については
後述するとして、

まずはなんといっても、バイクの積載性、
トランポとしてどうなのよ?

結論から言って、

フリードと比べると微妙。

確かに、荷室間口と室内の高さは
軽バンにしては驚異的で、
フロントタイヤをタイダウンせずに、
TE150i/XR230/200Rをミラー付きで
格納できちゃう。

ただし!!
ここからが大事。

荷室内上部に
スライドドアの出っ張り部分があり、
そこがちょうどハンドルやハンドガードに
当たるので、助手席側ギリギリに
積載することが出来ません。

これは実際に積載してみて
初めてわかったこと。
こういうネガティブな情報って、
意外と出てこないですね。

それと、もうひとつ。
それはフロントタイヤの固定。

当初、タイヤを固定するブラケット
を購入して使用していたが、
現在は
助手席ドアにタイヤを当てつけて固定。

ちなみにフリードは斜め積みだったが、
助手席とサイドドアの間にフロントタイヤを
固定できたので、非常に安定していましたね。

積載方法に癖がありますが、
とりあえず、
オフロードバイクはフリードより
簡単には積めます、N-VANは。

でも、その代償として、
フリードより劣る部分が多々あります。。。

以下、N-VANとフリードの超個人的な
比較インプレッションです!

【運転:一般路】
フリード:★☆☆☆☆
N-VAN:★★★☆☆

フリードはブレーキ系のクレーム対応後、
ブレーキがとても重くなり、
非常に疲れるようになった。
それと、これは非常に危ないのだが、
エアコンを付けていると、ブレーキを踏んでいても、
減速しないケースが多々あり、とても怖かった。

N-VANはターボ付きというのもあり、
フリードと比べると出だしから速いです。
バネが硬い商用車のFFで、
グリップも低いタイヤも相まって、
その気になれば、
スキール音を伴ってのスタートも可能です。

ブレーキはフリードほど酷くないですが、
似ている症状がすこしあって、
効きが良いとは言えないかな。

操舵感覚は最近の軽といえども、
遊びが少ない、ゴーカートに近い感じ。

ルーフキャリアを付けているのも影響しているのか、
80kmを越えるあたりから、フロント接地感が薄れてきて、
ちょっと怖いです。
逆に80km/hまでなら、フリードとほぼ同じ感覚です。

コーナーではアンダーがかなり強く、
当たり前ですが、フリードよりロールが強いですね。
峠道では、アンダー予想で切り始めを
気持ち早くして走れば、案外コーナリングは
しっかりします。

ボディ剛性が高いのも、
走りが安定している原因かもしれません。

【運転:高速道路】
フリード:★★★★☆
N-VAN:★★☆☆☆

遠征やレースで頻繁に
高速道路を使いますので、
車速や車線維持機能がある、
ホンダセンシングは快適です。

ですが、
80km/hを越えるとロードノイズが酷く、
カーステのボリュームを上げないと、
音楽等がロードノイズに
かき消されて聞こえません。

更に速度を上げていくと、
フロントの接地感が薄くなっていき、
ハンドルが軽いのも相まって、
慣れるまで怖いです。

名港トリトン走りましたが、
想像以上に横風には強かったです。
フリードとそんなに変わらない
レベルだったのにはびっくりです。

ただ、騒音(ロードノイズ)が大きいと
長距離運転は疲れます。
延々と続く、「ゴォー」という音は
けっこうきますね。
フリードは新東名の最高速+αでも
騒音にほどんど変化なく、
快適そのものでしたので。

あまりにも酷いロードノイズだったので、
ルーフの制振+防音を施工したところ、
100km/h程度だと、
フリードと同等の騒音レベルになりました。
*後項目参照

【室内:運転席シート】
フリード:★★★☆☆
N-VAN:★★★☆☆

N-VANはシート高さ調整、
ハンドルチルト機能が付いていません。

フリード同様のベンチシート風ですが、
シートクッションが若干硬くなっていて、
個人的にはいい感じです。

【室内:騒音】
フリード:★★★★☆
N-VAN:★★★☆☆

遮音性が高いフリードに比べると、
N-VANは騒音が大きく感じます。
タイヤが貨物用ということもあるが、
そこはやはり軽。

ということで、
フロント左右ドアと天井の
デッドニングを行ったところ、
騒音レベルが格段に下がりました。
80km/hぐらいまでなら、
ロードノイズはほとんど気にならなく
なりました。

【室内:物入れ】
フリード:★★★★☆
N-VAN:★☆☆☆☆

N-VANはグローブボックスが無いのが致命的。
またフリードと比べて物入れが断然少ないです。
業務用なのになんでですかね?

【室内:ナビ】
フリード:★★★☆☆
N-VAN:★★★☆☆

純正のナビは高いですが、
メーターパネル上にナビ画面が
ミラーリングされる機能は、
フリードで使っていてとても重宝したので、
中古の純正ナビを導入。
*この機能は意外と知らない人が多いです。

ナビ取付けパッケージにしていたので、
パネルを取り外してブラケットを取付けて、
既に配線されているコネクターを
ナビ本体の規定の場所に差し込むだけで動きます。
*要配線図

ちなみに購入したナビは
セキリティロックがかかっていたが、
ディーラーに持ち込んで、
¥200円で解除していただいた。

ホンダインターリンクも申し込み(無料)をして、
最新情報を入手できるようになりました。

1世代前のナビですが、
新車で装着する価格の
1/3で出来たのでよかったです。

音響系は、
先のデッドニングのおかげで、
低音のこもりが減り、全域に渡って
音質がクリアになりました。
純正スピーカーですが、十分聞けるレベルです。
また、80Km/hまでなら、
音量を上げなくても良くなりました。

リアに自作スピーカーを設置して、
現在は4スピーカー仕様です。

【燃費:市街地】
フリード:★★☆☆☆
N-VAN:★★★☆☆

市街地は15-16km/L
オートエアコン22℃設定で、
Ecoボタン on状態。

フリードは
だいだい14km/Lだったので、
N-VANの方が市街地では
燃費がいいですね。

【燃費:高速道路】
フリード:★★★★☆
N-VAN:★★☆☆☆

高速道路は100km/hオートクルーズで、
12-13km/L。

高速の燃費はフリードの方が断然いいです。
軽貨物車なので
高速料金は普通車より安いのですが、
燃費が悪いのでトントンです。

もちろん、速度が速くなればなるほど、
燃費は更に悪くなります。

また、ガソリンタンクが27Lしか無いので、
長野往復だと、
フリードなら無給油でいけるけど、
N-VANは給油が必要。

燃費計の目盛りの減り方が
フリードは満タンから
1目盛り減るスピードが遅く、
そこからリニアに減っていくのに対して、
N-VANは満タンから
リニアに目盛りが減っていくのが、
精神的によくないですね。

燃費を気にしない
(100km/hを越えると10km/l切ります)なら、
バイク積載中でも、新東名最高速度+αは
余裕で走れる性能があるので、
ターボ付きにして正解だったと思う。

【荷室長さ】
フリード:★★★☆☆
N-VAN:★★☆☆☆

フリードは助手席後ろの荷室長さが
2m前後(セカンドシート取り外し状態)
一方のN-VANは1.5mなので、
フリードの方が室内長はあります。

バイクを積めるっていっても、
N-VANは助手席を折りたたんでの話なので、
運転席、助手席に人を乗せて
バイクを積載するのは無理。
あえてやるのなら
運転席+その後ろの二列目シートに
乗車のパターンかな。

【車中泊】
フリード:★★★☆☆
N-VAN:★★☆☆☆

車中泊は、バイクを積んでいたところに
コットをおいて、そこで寝ます。

フリードの時と違って、
秋から冬場の車中泊には
敷毛布がないと凍え死にます。

【その他】

■ちょっとうれしい装備
1,ドアを開けて運転席に乗り込むと、
welcome musicが流れる?
2,スライドドアの開閉が軽くなっていた。
(試乗時にはかなり重くたいへんだった)
3,純正LEDフォグライトが意外と明るい。
4,室内灯が全てLED、しかも超明るい。
5,荷室にネジ穴がたくさん。

■ちょっと☓な点
1,オートエアコンの
ディスプレイ、スイッチ類が古めかしい
2,メーターパネルの時計表示が
見づらい、古めかしい。
3,シフトインジケーターに明かりがない。
4,夜間走行時、周辺の明かりが
左右ウィンドウに映り込み紛らわしい。
5,勝手にハイビーム
6,イカリング風デイライト
7,色付きガラスが薄くて、荷室が丸見え。
8,エアコンのコンプレッサーの音が煩い。
9,ドアを開けないと助手席が倒せない。
10,スライドドアの締まりが悪い。
11, 一般道でオジサンやオバサンに煽られやすい。

【まとめ】

N-VANは同じ軽バンの
サンバーやキャリー、バモスホビオ等と比較して、
道具(トランポ)としての凛とした潔さがある反面、
乗用車からの乗り換え組の自分には、
改善作業が必須。

バイク積載については、
前評判に踊らされてしまった感が強く、
想像以上に使いづらいですね。

自分のように、
トランポに乗用車の快適性を求めるのなら、
ステップワゴンのリアゲートが観音開きの
タイプがいちばんのオススメかなぁ。

実際、駐車スペースがあれば、
絶対買いますね、間違いなく。

ということで、当記事が
N-VAN購入のご参考になれば嬉しいですっ!
って、コレ見て買う人いないよね。。。?

“N-VAN辛口インプレッション” への 1 件のフィードバック

  1. ネット上では大絶賛なので
    トランポとして踏み込んでの意見は大変貴重でした。
    記事化、有り難うございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中